ふるさと納税でもらえる!望遠鏡・双眼鏡・顕微鏡まとめ

望遠鏡で天体観測をしてみたいと思ったことはありませんか?コンサートやスポーツ観戦で、双眼鏡があったらと思ったことはありませんか?

望遠鏡や双眼鏡をいつか欲しいと思いながらも、機会がなく買いそびれている方も多いのではないでしょうか。実は、望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などは、ふるさと納税で入手することができます。返礼品として出ている製品は、初心者用のモデルから、本格的な高性能ラインのものまでバリエーションが豊富。予算や状況に応じて、自分に合ったものを選ぶことができます。

返礼品数が最も多いのは、埼玉県三芳町。埼玉県南部、東京との境付近にあるこの町に、望遠鏡・双眼鏡・顕微鏡の取り扱いメーカーや代理店が複数集まっていることから、ふるさと納税の返礼品として提供されています。

その他に、大阪府泉佐野市も返礼品として双眼鏡を出しています。泉佐野市が出している双眼鏡は、地域スマホを提供する携帯電話会社「泉佐野モバイル」から提供されたもの。官民一体となって地方創生を実現しようとしている地域密着型企業です。また、オリンパスの製品製造事業場のある長野県辰野町からは、オリンパスの双眼鏡が返礼品として提供されています。

有名メーカー製品や、地域の有力メーカー製品など、ふるさと納税でもらえるものは様々ですが、中でも特に人気のある返礼品をご紹介します。

ふるさと納税でもらえる望遠鏡

天体望遠鏡 SKY WALKER SW-0 寄附金額20,000円(埼玉県三芳町)

初めての望遠鏡にぴったりの、エントリーモデルの望遠鏡。地上観察用の正立プリズムも同梱されており、天体観測だけでなく地上の観察用にも使用できます。三脚はワンタッチ式で簡単に組み立て可能。親筒と架台、三脚全て含めても1kg未満と小型軽量なので、持ち運んで使用するのにもとても便利です。星座早見表が付いているので、どこにどのような星座があるのかを確認しながら天体観測ができる点もポイント。対物レンズ50mmの屈折式。焦点距離360mm。倍率は18倍〜270倍まで対応しています。

天体望遠鏡 MEADE AZM-50 寄附金額20,000円(埼玉県三芳町)

こちらも初めての望遠鏡として人気のあるエントリーモデル。フリーストップ経緯台を採用しており、取り扱いはとても簡単です。見たい方向に手で親筒を動かして、手を離すとそこでそのまま止まる仕組みになっています。複数の場所を操作して方向を変えるのは、初心者にはとても大変な作業。それを解決したのがこのフリーストップ経緯台なのです。
親筒と架台、三脚含め2kg程度。持ち運び可能なサイズです。対物レンズは50mmの屈折式(アクロマート)。焦点距離600mm。倍率は30倍〜300倍まで対応しています。

天体望遠鏡 MEADE AZM-60 寄附金額30,000円(埼玉県三芳町)

架台はフォーク式で上下・左右に動き、扱いやすいです。レンズも扱いやすいアクロマート。月や土星、木星など、明るい惑星観測にぴったりな望遠鏡です。対物レンズ径は60mm。焦点距離800mm。倍率は30倍〜176倍まで対応しています。

天体望遠鏡 MEADE AZM-70 寄附金額40,000円(埼玉県三芳町)

エントリーモデルの望遠鏡の中では大きな対物レンズ径が70mmの望遠鏡です。レンズの口径が大きくなることで多くの光が集められるようになり、天体がよりはっきりと観測しやすくなります。月のクレーターや土星の環まで手軽に観測できる性能を持っています。焦点距離700mm。26.9倍〜155.6倍まで対応しています。

天体望遠鏡 MEADE EQM-70 寄附金額50,000円(埼玉県三芳町)

架台は赤道儀。フォーク式、フリーストップ式に比べると少し取り扱いが難しいタイプですが、これからどんどん上位モデルの望遠鏡に挑戦したい人向けの望遠鏡です。三脚は安定性のいいスチール製。ワンタッチ式なので取り扱いは簡単です。対物レンズは屈折式の70mm。焦点距離900mm。倍率は34.6倍〜285.6倍まで対応可能しています。

天体望遠鏡 MEADE AZM-80 寄附金額60,000円(埼玉県三芳町)

対物レンズ径が80mm。径が大きいほどに光を多く集められ、天体がくっきりと観測できます。取り扱いやすいように、レンズはアクロマートを採用。経緯台式で上下左右の動きだけで簡単に親筒の方向を変えることができます。三脚は安定性のいいスチール製ワンタッチ式。焦点距離400mm。倍率は15.4倍〜127倍まで対応しています。

天体望遠鏡 MEADE EQM-127 寄附金額70,000円(埼玉県三芳町)

光学レンズではどうしても抑えようのなかった色収差。その色収差を無くし、天体をくっきりと色ズレなく見えるようにしたのがニュートン式反射望遠鏡です。
ニュートン式反射望遠鏡に、架台は赤道儀という組み合わせで、天体を追尾しやすいセットです。三脚は安定感のあるワンタッチ式スチール三脚。別付のモータードライブをつければモーターで天体の追尾が可能で、拡張性もあります。対物レンズ径は127mm。焦点距離1000mm。38.5倍〜317.4倍まで対応しています。

天体望遠鏡 MEADE AZM-90 寄附金額80,000円(埼玉県三芳町)

対物レンズ径が90mmの望遠鏡。扱いやすさを重視して、レンズはアクロマート。架台は微動付き経緯台で、素早く大きな動きをすることが可能です。レンズ径が大きいので光を集めやすく、月のクレーターや星雲、星団の観測など、多くの天体を観測することができます。焦点距離600mm。23.1倍〜190.4倍まで対応しています。

天体撮影用ポータブル赤道儀 スカイメモS 標準セット 寄附金額90,000円(埼玉県三芳町)

天体観測をもっと楽しみたければ、こちらの赤道儀セットはいかがでしょうか。赤道儀をつけることでカメラを地球の自転と逆回転させることができ、星空の撮影ができるようになります。別売りのカメラ接続ケーブルを使えば、一眼レフカメラと接続することも可能。星を追いかけながら、自動でシャッターを切り続けるという機能を備えているそうです。コンパクトで使いやすいポータブル赤道儀なので、これから星の撮影を始めたいという初心者の方にぴったりです。カラーはレッド、シルバー、ブラックから選ぶことができます。

ふるさと納税でもらえる双眼鏡

高性能双眼鏡AD8×25WP 寄附金額30,000円(神奈川県海老名市)

海老名市のふるさと納税でもらえる双眼鏡は、リコーのペンタックスAD8×25WPです。レンズ径25mmのコンパクトサイズで、親筒を畳んで収納することができて持ち運びに便利。重さも300gと軽量タイプです。フレアやゴーストを防ぐコーティングをしており、基本性能は文句なし。安心のJIS保護等級6級相当の防水構造で、悪天候でも気にせずに使用できます。

OLYMPUS 双眼鏡 8×25 WP 2 寄附金額30,000円(長野県辰野町)

畳んで収納することができる双眼鏡。最短合焦距離は1.5mと、近い距離からでも焦点を合わせることができます。全面マルチコーティングで視野はくっきり。タパプリズム面にフェイズコートという特殊コーティングを施しており、高コントラストでくっきり綺麗に見えます。防水機能はJIS保護等級7級相当。水深1メートルの水中に5分間つけても問題ないという完全防水加工が施されています。

<寄付受付終了>ミザールテック 6.5倍32ミリ口径 双眼鏡 寄附金額50,000円(大阪市泉佐野市)

ロングアイレリーフ仕様という、レンズから目を離しても見えるように設計された双眼鏡。メガネをかけたままでも覗きやすく、とても便利です。通常、アイレリーフが長くなると視野角が狭くなりますが、そこを補う26mmの接眼レンズが採用されているためクリアでワイドな視野を確保。水深50cmで5分間の防水機能付きで、少々の悪天候は苦になりません。重量は690gとコンパクトタイプに比べると少し重くなりますが、非常に高性能で便利な双眼鏡です。

星座観察用双眼鏡 SG2.1×42 寄附金額60,000円(埼玉県三芳町)

製造工程の全てを埼玉県内で行った製品。ふるさと納税の双眼鏡にぴったりの返礼品です。
この双眼鏡は星空観察専用に開発されたもので、倍率は2.1倍。口径が42mmと大きいため視野が広く、通常の双眼鏡よりも開放感があるそうです。この双眼鏡を使うと星空が肉眼よりも明るくくっきりと見えるので、都会にいても星空を楽しむことができます。

ふるさと納税でもらえる顕微鏡

双眼顕微鏡 スマホ撮影アダプター付き 寄附金額50,000円(大阪府泉佐野市)

両目で見ることのできる双眼顕微鏡です。両目で見ると、検体が立体的に見えるという大きなメリットがあります。付属のアダプターでスマートフォンを取り付けて撮影することも可能。レンズは45倍用と100倍用が付属しています。重量520gと比較的軽めなので、持ち運びにも便利です。

メイジテクノ コンパクト双眼実体顕微鏡 寄附金額100,000円(埼玉県三芳町)

埼玉県三芳町にあるメイジテクノ株式会社製の顕微鏡です。コンパクトな双眼実体顕微鏡で、持ち運びをしやすいよう持ち手が付いています。プレパラートを使用せずのそのまま対象物を観察することができるので、観察したいものをセットして簡単に使うことができます。充電バッテリー搭載のLED照明付きで、視界を明るくすることも可能。観察する環境を選ばない便利な顕微鏡です。

メイジテクノ 双眼生物顕微鏡 寄附金額150,000円(埼玉県三芳町)

顕微鏡にとって最も大事と言われる「対物レンズ」と「照明」にこだわってつくられた製品。実習・検査向けの生物顕微鏡です。セミプラン対物レンズというレンズが視野の周囲のボケを補正して視界はくっきり。白色パワーLED照明が明るくムラのない光を照らします。また、コンパクトで軽いボディ、安全な持ち運びを実現するキャリーグリップ、そして移動に便利なバッテリーと、便利な機能も充実しています。対象物の移動を簡単に行える「メカニカルステージ」という装置を搭載し、標本安全装置とスプリング機構内蔵の対物レンズで安全性を確保しています。スライドガラスとカバーガラスが100枚付属しています。

まとめ

ふるさと納税でもらえる望遠鏡・双眼鏡・顕微鏡をご紹介しました。ふるさと納税の返礼品には、持ち運びしやすい望遠鏡や、バッグにさっと入れて持ち運びができる双眼鏡など、アウトドアアイテムとしても楽しめそうなものがたくさんあります。初心者向けのエントリーモデルといえども高性能なものが揃っているので、この機会に手に入れて、新しい趣味を増やしてみませんか?

※ご紹介した返礼品の内容は、変更されることがあります。詳細は、寄付時に各ふるさと納税サイトでご確認ください。

SNSでもご購読できます。