ふるさと納税で入手できる包丁返礼品【手軽な家庭用から高級プロ仕様まで】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさと納税では、自治体ごとに個性豊かな返礼品がラインナップされています。今回は、そのなかから包丁をご紹介。家庭で気軽に使えるものから、こだわりの職人さんが丁寧に製造するプロ仕様のものまで、様々なタイプの返礼品が用意されています。

用途に合った適切な包丁の選び方とは?

まずは、包丁の種類と特徴を知りましょう。包丁を選ぶ際に注目したいポイントは、大きく2つあります。

1.包丁の素材

鋼やステンレスなど、素材により特徴があり、お手入れの方法や頻度も変わります。

鋼:切れ味、刃持ち(耐久性)ともに優れ研ぎやすいものの、錆びやすい。
ステンレス:錆びにくいのがメリット。研ぐことも可能ですが、耐久性が弱いことも。

実は、鋼もステンレスも同じ金属であることはあまり知られていません。その違いは成分にあり「クロム」の量で、鋼とステンレスとが区別されています。

2.包丁の種類

一口に包丁と言っても、その種類は実にさまざま。用途によって、刃の形や厚みなどが大きく変わります。

三徳(文化)包丁

日本でもっとも一般的な包丁。「三徳」とは、三つの用途(肉・魚・野菜)に利用できる、「用途の幅が広い包丁」という意味。日本の菜切包丁と海外の牛刀、両方の特性を併せ持った包丁です。

出刃包丁

和包丁の一つで、魚を捌くために利用されることが多い包丁。魚の骨が切りやすく、三枚におろしやすい設計がされているのが特徴です。魚だけではなく、肉を切るのにも適しています。

牛刀

明治維新以降に海外から流入した包丁です。三徳包丁に比べると幅が狭く、長いのが特徴。欧州では一般的な包丁で、肉の塊を切るのに適した設計になっています。万能包丁とも呼ばれ、三徳包丁と同様に幅広い用途で使用できます。

ペティナイフ

牛刀を小さくした洋包丁です。扱いやすいことに加え、万能で、中にはペティナイフだけで、すべてを調理する人もいるほど。初めて一人暮らしをする方や、手が小さく大きな包丁は扱いづらい方は重宝するでしょう。

その他、中華包丁・パン切り包丁・冷凍切り包丁など、用途に応じて多くの包丁があります。普段頻繁に利用する包丁に加え、用途ごとの包丁を持っておくのがベストでしょう。

包丁を長持ちさせるポイント

包丁を長持ちさせるための最大のポイントは、包丁ごとの特徴を知り、適した利用方法・保管をすることです。

ここでは、包丁を長持ちさせるために、最低限覚えておきたいポイントを紹介します。各包丁の取扱説明書には、注意書きや保管方法などの詳細が記載されていますので、使用する前に必ずチェックしましょう。

錆びないようにすぐに洗う

調理後は包丁をすぐに洗い、水気を切りましょう。長い間水分に晒されていると錆びやすくなります。早めに洗い、水気を拭き取り保管しましょう。

用途に合ったものを使う

冷凍品などの硬いものを無理に切るのは刃こぼれの原因になります。本数を揃えるのは難しい場合もありますが、それぞれの用途に合った包丁を使い分けるというのが、結果的に包丁を良い状態で長く使うことにつながります。

ふるさと納税で人気の包丁返礼品

手づくり 特製 本職用 「牛刀」と「牛刀(ペティナイフ)」 寄付金額40,000円 (山形県村山市)

山形県と刃物の歴史は長く、西暦1350年頃まで遡ります。最上氏の祖と呼ばれる斯波兼頼(しばかねより)が、召抱えていた刀鍛治師を山形に連れてきたのが始まりとされています。明治以降には、鎌・鍬・鋏などの農具を中心に高品質な刃物を生産し続けている、伝統ある地域。村山市の刃物は伝統を重んじながらも新しい技術を取り入れ、高い評価を受けています。

村山市の返礼品は、サイズの違う2つの包丁セット。普段使いできる牛刀と、使い勝手良いペティナイフは、一家に1セットは置いておきたいところ。現在、在庫が少なくなっているので、検討している方は早めに申し込みましょう。

NENOX IW牛刀210mm 寄付金額120,000円(神奈川県中井町)

神奈川県中井町がふるさと納税の返礼品として提供するのは、世界中のプロから信頼が寄せられている「NENOX」の牛刀です。NENOXは、「株式会社子の日」が製造する包丁のブランド商品の一つ。特徴は、何と言ってその切れ味です。

NENOX IWはプロの料理人のために作られたハイグレードモデルで、切れ味はもちろん、おしゃれなデザインも魅力の一つ。特殊鋼で作られており、プロ仕様とは言え一般の方でも扱いやすい包丁です。刃渡りは21cmで、包丁研ぎ(ロールシャープナー)も一緒に届きます。

栗原はるみ キッチンナイフ M 寄付金額10,000円 (新潟県弥彦村)

新潟でもっとも格式が高いとされる「彌彦神社」の門前町として知られる、弥彦村。弥彦山や弥彦温泉など、観光地として有名な場所も多い街です。

そんな弥彦村のふるさと納税返礼品は、料理家の栗原はるみさんがプロデュースしたキッチンナイフ。オールステンレスで作られたキッチンナイフは切れ味も良く、利用者からの評価も高い逸品です。

持ち手のデザインはぶどうをあしらい、滑り止めの役割も果たしています。つなぎ目がないので洗いやすく、衛生的なのも嬉しい点。刃渡りは15cmと女性でも扱いやすいサイズです。

料理のプロが監修した人気の包丁のため、大手ショッピングサイトでは売り切れになっていることも多い品です。ふるさと納税を利用して手に入れましょう。

タケモト料理用三徳包丁・キッチン鋏セット 寄付金額40,000円 (静岡県浜松市)

静岡県浜松市には、「ものづくりマイスター」という制度があるのをご存知でしょうか。ものづくりマイスターは、ものづくりの人材育成を目的に導入された制度で、特に優れた技術を持つ人だけが浜松市長から認定されます。

浜松市では、ものづくりマイスターに認定された職人の一人、竹本京司さんが監修した「三徳包丁」「キッチンバサミ」のセットをふるさと納税返礼品として提供しています。包丁は、「DPゴールド」という特殊な素材を使っており、切れ味が良く錆びにくいのが特徴。キッチンバサミも切れ味抜群で、グリップ部分も長時間の使用でも疲れにくい設計になっています。はさみは、分解して洗うことも可能で衛生的です。

柳宗理 ステンレス包丁 18cm 寄付金額21,000円 (静岡県藤枝市)

静岡県藤枝市の返礼品は、「柳宗理 ステンレス包丁」です。柳宗理(やなぎそうり)は、日本を代表するインダストリアルデザイナーの一人。名匠の名前に恥じないデザイン性と使いやすさが、魅力です。

オールステンレスで作られており、切れ味の良さだけでなく耐久性にも優れています。持ち手の部分もステンレスなので、木製のものに比べ衛生的。食洗機にも対応しており、研ぎ直しも可能です。

提供元は、地元藤枝市で家具・インテリア・雑貨の販売を行う「ニームズ」で、大正8年創業の雑貨の老舗が、こだわりを持って選び抜いた逸品です。刃渡りは18cm。利用者レビューの評価も高い包丁の一つです。

匠創 三徳包丁 寄付金額10,000円 (岐阜県関市)

岐阜県関市は、大阪府堺市と並び刃物の生産で有名な地域。刃物の老舗「貝印」の発祥の地でもあります。(現在の貝印本社は東京)また、フェザー安全剃刀の主要な工場が2箇所あり、毎年10月には地元以外の方も多く訪れる「刃物まつり」も開催されます。市内には「岐阜県刃物会館」「カミソリ文化伝承館」があり、まさに「刃物の街」です。

関市の返礼品は、貝印製造の三徳包丁。提供元は、協同組合岐阜県刃物会館です。
ステンレス製で刃渡りは16.5cm。毎日使用しても飽きのこない、スタイリッシュなデザインも特徴的です。刃物の街が自信を持って提供する三徳包丁を、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

和NAGOMI丸MARU パン切り包丁 寄付金額23,000円(岐阜県関市)

岐阜県関市からもう1つご紹介するのは、あるととても便利なパン切り包丁。関市で明治6年から続く刃物店、三星刃物株式会社が展開する「和NAGOMI」シリーズの製品です。

欲しいけれど買うきっかけがないまま・・・という方も多いパン切り包丁がその真価を発揮するのは、硬いバケットなどを切るとき。一般的な包丁で切ると、どうしても切り口がつぶれてしまったり、粉がたくさん飛んでしまったりしますが、優れたパン切り包丁なら簡単に綺麗に切ることができます。そして、「和NAGOMI丸MARU」の最大の特徴は、焼きたての食パンも簡単に切れるという点。関市の伝統技術を用いて1本1本丁寧につくられたパン切り包丁は、どのようなパンでも軽い力で綺麗に切ることができる名品です。

三徳万能包丁&ペティナイフセット はがね 寄付金額40,000円 (大阪府泉佐野市)

大阪府佐野泉市は、ふるさと納税の返礼品に力を入れている自治体の一つです。豊富な種類の返礼品を用意していますが、こだわりの包丁も注目したい一品。

内容は、鋼で作られた三徳万能包丁と、使いやすいサイズのペティナイフのセット。刃物で有名な街岐阜県関市で製造され、大阪府堺市で仕上げたものです。鋼を使用しているのでお手入れは必要ですが、耐久性にも優れているので普段使いの包丁として毎日使用できます。

提供元は、日本料理・和食のお店「和モードちよ松」を佐野泉市内で運営する、株式会社ちよ松レストランマネージメント。食を提供する側の視点から選ばれた逸品です。万能包丁は全長29.5cm、刃渡り16.5cm、ペティナイフは全長26cm、刃渡り15cmです。

のしもちのカットに大変便利 もち切り器(中) 寄付金額40,000円 (兵庫県小野市)

兵庫県の中南部、令制国である東播磨(ひがしはりま)のほぼ中心に位置する小野市は、金物の街として知られています。小野市は、「そろばん」の産地としても有名ですが、小野市で作られる播磨鎌は「伝統工芸品」として指定されています。

小野市の返礼品は、のし餅を切るのに適した「もち切り器」。お正月に「お餅を切るのが大変」と感じている方も多いのではないでしょうか。無理をして、普通の包丁で餅を切ると、刃こぼれの原因にもなります。

ステンレスと鋼で作られた刃は切れ味が良く、硬い餅でも簡単に切り分けることができます。テコを利用しているので、年配の方でも力を入れずに切ることが可能。一家に一台は置いておきたい、包丁の一つです。お正月前の贈り物としても喜ばれる一品でしょう。

日本三大刃物・土佐打刃物 「舟行型万能包丁」柄胡桃 寄付金額20,000円 (高知県須崎市)

土佐打刃物は、高知県が誇る江戸時代から続く伝統工芸品。1998年には、経済産業大臣指定伝統的工芸品にも認定されました。

高知県内で決められた基準を満たしたものだけが、土佐打刃物として扱われます。須崎市も土佐打刃物の有名な産地の一つ。ふるさと納税の返礼品として、地元の包丁専門工房「迫田刃物」が伝統の製法で作る、土佐打刃物「舟行型万能包丁」を提供しています。

迫田刃物の舟行型万能包丁は、すべて職人の手により1本1本手作りというこだわりぶり。仕上げも「手研ぎ」で行っています。

包丁黒打菜切16.5cm 寄付金額5,000円(高知県香美市)

同じく高知県の土佐打刃物をもう1つご紹介します。こちらは1本あるととても便利な野菜包丁。伝統工芸品である土佐打刃物の技術で1本1本丁寧につくられた、有限会社西山商会の安来鋼製包丁です。

葉物野菜を「スパッ」と切き、千切りも簡単にできる優れた包丁は、一度使うと手放せない逸品です。口コミでも評判の高い野菜包丁を、この機会にぜひ試してみませんか?

野鍛冶の魚さばき包丁(小魚用) 寄付金額10,000円 (長崎県東彼杵町)

大村湾に面した長崎県東彼杵町。長崎は「坂が多い」ことで有名ですが、東彼杵町ではその特性を活かし、棚田・段々畑で農業が行われています。「龍頭泉(りゅうとうせん)」や「玉簾(たますだれ)の滝」などの絶景スポットがあることでも知られている街です。

東彼杵町は、「野鍛冶の魚さばき包丁」を返礼品として提供しています。野鍛冶とは、屋外で行う鍛治のこと。地元の野鍛冶が丁寧に仕上げた包丁は、手作りならではの美しさを持っています。刃渡りは10.5cmと小さめですが、小魚を捌くのには最適。ご家庭で魚を捌くことが多い方は、持っておきたい1本です。

※ご紹介した返礼品の内容は、変更されることがあります。詳細は、寄付時に各ふるさと納税サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSでもご購読できます。
コメントを残す

*