ふるさと納税サイトでクラウドファンディングが盛況【ふるさと納税ニュース】

楽天スーパーSALE開催中!!

\12/11(土)01:59まで/

ポイント最大43倍!
2021年ラストチャンス!ふるさと納税をするなら今!

今すぐエントリー ▶

2021年10月、ふるさと納税ポータルサイトのひとつ「ふるさとプレミアム」がクラウドファンディング型ふるさと納税「ふるさとプレミアムクラウドファンディング」を開始しました。

クラウドファンディング型ふるさと納税とは

クラウドファンディング型ふるさと納税とは、自治体もしくは自治体後任の個人や団体がクラウドファンディングのプロジェクトオーナーになって、ふるさと納税制度を利用しながら資金を募る仕組みになっています。

地域課題やそれを解決しようとする取り組みに対し、あなたが応援したいと思ったプロジェクトを選んで寄付をすることができるのです。このクラウドファンディングの大きな特徴が、ふるさと納税制度を利用していること。寄付金は所得税の還付や住民税控除の対象となります。また、返礼品を受け取ることもできます。

どんなプロジェクトがあるの?

ふるさと納税の寄付先としても人気の大阪府泉佐野市では、職人の手切りの肉の旨味を瞬時に閉じ込める!「急速冷却・急速凍結加工場」新設プロジェクトで寄付を募っています。

 

また、鹿児島県大崎町では「2022 Japan Athlete Games in Osaki」の開催に向けた応援を募集しています。

 

▼鹿児島県大崎町の返礼品はこちら

ふるさとチョイスやさとふるもクラウドファンディング型

すでにふるさとチョイスさとふるなどもクラウドファンディング型ふるさと納税を実施しています。サイトによっては、Amazonギフト券の還元率がアップするなどお得なキャンペーンも行っています。

 

クラウドファンディング型のふるさと納税は今後の主流になっていくかもしれません。