大雨被害の自治体に代わってふるさと納税を受付

豪雨災害に襲われた8月の日本列島。被害の激しい自治体に代わって、ふるさと納税の代理寄付を受け付ける自治体もあるそうです。

被災した自治体に代わって寄付金の受け付け

青森県風間浦村。大雨による土砂崩れ、停電や断水などの被害が出ました。風間浦村と災害支援などを含む友好都市協定を結んだ茨城県大洗町では、同村の代理寄付を受け付けています。

被災していない大洗町が被災した風間浦村に代わって寄付金の受け付けや事務作業を行うことで、風間浦村がふるさと納税事務に時間を割かれることなく災害対応に注力できるよう支援します。ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」独自の仕組みで、災害時に自治体同士で助け合うことが可能です。

大洗町は「東日本大震災で災害対応・復興の大変さを経験していることから、微力ながら復興支援の一助となるよう、代理寄附の受け入れを開始しました」と支援の理由を説明しています。

詳しくはこちら↓
茨城県大洗町「友好都市 青森県風間浦村の代理寄附を受け付けています」

返礼品ももらえて生産者支援につながるふるさと納税も!詳しくはこちら