山梨県 昭和町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

山梨県 昭和町のふるさと納税のご紹介

昭和町は山梨県の真ん中かつ甲府盆地の真ん中にあり、中巨摩郡に属します。昭和町の周辺の町や村は同じ中巨摩郡に属していましたが、平成の大合併によって甲斐市、南アルプス市、中央市となったため、昭和町は現在の中巨摩郡の唯一の自治体です。町内には笛吹川の支流も流れており、近世以降は穀倉地帯であり、地下水は甲府盆地の水源ともなっています。

平成29年11月30日現在の人口は、19,954人です。町内には見延線の常永駅から国母駅が走っており、国母町はリニアモーターカー方式の中央新幹線の駅の候補地の一つとして挙げられていました。車なら中央自動車道の甲府昭和インターチェンジからもアクセスできます。県内でも随一の広さを誇る「いちご園みない」は、バリアフリーにも配慮されており、高設栽培されているので立ったままでいちご狩りができます。ベビーカーや車椅子でもいちご園の中に入ることが可能です。お年寄りや身体の不自由な方に配慮した通路の広いエリアもあります。完熟の章姫が食べ放題です。ナイトいちご狩りもできます。

国母駅のすぐ目の前にある日帰り温泉の「国母駅前温泉健康ハウス」では、毎分500リットルという豊富な湯が3つの浴槽にかけ流されています。国母駅から車で5分のフカサワ温泉は、地元の人が銭湯の代わりに利用している立ち寄り温泉です。湯量が豊富なのが自慢で、大浴場の中の2つの湯船にも露天岩風呂にも源泉を100%かけ流しています。湯船に注がれる温泉は茶褐色をしており、療養効果もあります。

昭和町がおすすめする人気の特産品・返礼品

昭和町のふるさと納税のおすすめの返礼品は、町の特産品である千両なすです。昭和町は天候や立地条件がなすの栽培に適しており、町の自慢の逸品です。また甲州産のほうとうは、武田信玄の陣中食であり、山梨の郷土料理でもあります。かぼちゃやきのこなど多くの野菜を一緒に煮込む栄養豊富な主食として人気です。山梨県産の米山田錦を使った純米吟醸無濾過生原酒と辛口特別本醸造の飲み比べセットは、お酒好きの方におすすめです。

昭和町のふるさと応援寄附金の使い道

昭和町へふるさと納税で寄せられた寄附金は、以下の3つの事業の中から寄附時に使い道を選択することができます。
1、高齢者、障害者、児童福祉、子育て支援、教育の充実など、暮らしやすい町づくりのための事業、2、歴史的施設を保全したり、子育てや町民活動の拠点となる施設の整備や建設を行うための事業、3、特に指定したい事業が無い場合は、未来に向けての魅力あふれる町づくりや小さくても豊かな町づくりを行っていくための事業資金として利用されます。

山梨県 昭和町の返礼品ページ

山梨県 昭和町のホームページ
http://www.town.showa.yamanashi.jp/guide/benri.php?cat_id=35

SNSでもご購読できます。