山梨県 甲州市のふるさと納税のご紹介

山梨県 甲州市のご紹介

山梨県甲州市は、北東部に位置する市で人口は約3万人です。2005年に塩山市、東山梨郡勝沼町、大和村が合併し、甲州市になりました。市章は武田菱と、光輝くブドウの実を表しています。甲府盆地や東南部の山岳地帯から流れている複数の河によってなされる勝沼扇状地などの複合扇状地からなります。気候は中央高地式気候と太平洋側気候を合わせ持ち、夏は厳しい暑さが続き、2013年の8月には40.5℃を記録しています。しかし、朝晩は気温が下がるので、熱帯夜になる日が少ないのが特徴です。

市章になっているとおり、甲州市の木に制定されているのもブドウで、東部の地域にあたる市域は戦後養蚕から果樹栽培へと転換し、観光農園などの農業が中心となっています。旧勝沼町は日本で初めてワイン醸造が始まった地といわれおり、甲州葡萄に代表されるような葡萄と勝沼ワインの産地として有名です。他にも桃やサクランボなども生産されています。そのため、ワイナリーであるぶどうの丘のワインカーヴではゆったりと試飲を楽しむことができて、ワイン好きにはおすすめの場所です。

他にも沢山ワイナリーがあり、ワインの歴史を感じることができることができます。また勝沼ガラス工房では小さなお子様から出来るペンダント作りやガラス体験が可能です。他にも山登りに最適な美しい山々が沢山あり、大菩薩嶺などは家族でハイキングにぴったりで、人気の百名山の一つです。紅葉の季節にはとてもきれいに見ることができます。

甲州市がおすすめする人気の特産品・返礼品

甲州市の返礼品のおすすめは、やはりワインです。人気の高いワインにいたっては、品切れ状態が続いています。そして、そのワインを飲んで育った豚をワイン豚といい、臭みが少なく、脂身もさらっとしていて食べやすく、旨みがしっかりとしています。こちらの特産品は、一番の人気の品です。他にも、このワイン豚から作られたソーセージやハムにベーコンの詰め合わせもあります。他にも、ワインを飲ませて育てたワインビーフのステーキもあります。

甲州市のふるさと応援寄附金の使い道

甲州市への応援寄附金の用途は、次の4つの用途から納税時に選ぶことができます。一つは豊かな自然の保護、そして美しい景観を形成し守る活動で、大菩薩嶺などの美しい景観や農村景観の保全、それに合わせた町並み形成を行います。二つめは、地域の資源を活用し果樹園交流をすすめる事業です。文化、歴史、産業などの地域資源を活用して、交流型の産業を新たに振興、活気のあるまちづくりを進めます。三つ目は、将来を担う地域の子供達の健康な成長を支える事業です。教育内容や施設をはじめ、地域が一体となり青少年育成に取り組みます。四つ目は、みんなが安心して健康に暮らせるまちづくりの事業です。

山梨県 甲州市の返礼品ページ

山梨県 甲州市のホームページ
http://koshu.tax-furusato.jp/