山口県 和木町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

山口県 和木町のご紹介

和木町は山口県本土の最東部にある町であり、玖珂郡に属しています。また広島県と隣接しており、県境の川である小瀬川では夏には花火大会が行われています。玖珂郡は和木町のみとなっています。人口約6,500人、約2,800世帯が暮らしています。JR山陽本線の和木駅が町の駅となっています。車では山陽自動車道岩国ICもしくは大竹ICをからアクセスできます。岩国錦帯橋空港からは車で17分、広島空港からは車で70分の距離です。

暮らしやすい地区を目指し、全国的にも珍しい学校給食の無料化を実施しています。他にも中学3年生までの医療費助成や幼稚園の授業料月額5千円、3歳児保育の実施、町内に住宅を建てた、または購入したという方に建設推奨金が支給されることがあります。

特産品は、やまももです。町の木にもなっており採れるだけでなく、ジュースや洋菓子、和菓子などにも使われています。

多くの花を楽しむことができ、特に春は桜、梅、藤と様々な花を見ることが出来ますが、県最大級のバラ園には180種4,000株のバラが咲き誇ります。特に5月から6月は一番の見ごろを迎える時期です。このバラ園は蜂が峯総合公園内にあります。この公園はバラ園だけでなく、ミニSLやスケートボード場、弓道場やテニスコート、梅園、芝生公園と多くの遊び場があり、色々なアウトドアを楽しむことが出来ます。また歴史資料館や古民家もあり、休憩や歴史を知ることもできます。小瀬川の恵みから手すき和紙が盛んでしたが、明治時代に芸防抄紙株式会社が創立され、近代的な製紙業が発展し、現代にも受け継がれています。

和木町がおすすめする人気の特産品・返礼品

明治時代から近代的な製紙業が発展している和木町の返礼品のひとつに箱ティッシュの詰め合わせや、高級トイレットペーパーがあります。色々な種類を選ぶことができます。また瀬戸内海で育成され、古くから盛んな海苔漁の特産品の海苔や、ぷりぷりとした美味しい食感のくるまえびもおすすめです。またハーゲンダッツの詰め合わせセットは人気の高い商品です。他には里帰りクーポンもあり東京から、沖縄からのそれぞれの航空券もお贈りしています。

和木町のふるさと応援寄附金の使い道

和木町では暮らしやすい町をめざしており、ふるさと納税を通していただいた寄附金も、暮らしやすい町、活力あるまちづくりに活用されています。おもに、幼稚園から中学校までの給食費無料化、幼稚園からの英語学習の充実、出産祝い金による子育て支援、そして夏休みには中学生3年生約20名がオーストラリアでのホームステイを実施しており、その費用の半額を町が負担しています。そのほか、町の発展のために活用されています。

山口県 和木町の返礼品ページ

山口県 和木町のホームページ
http://www.town.waki.lg.jp/furusato/