山口県 宇部市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

山口県 宇部市のご紹介

山口県宇部市は、西部の瀬戸内海に面した市です。地名の由来には諸説ありますが、トキワアケビをムベと呼んでおり、地元名産の植物で繁茂していた地域のため、これがなまって「ウベ」になった、海辺の景観「ウミベ」の読みがなまって変化し「ウベ」になった、宇治部里(うじべり)と呼ばれている地域に宇治部の部民が住んでいたことにより転訛し「宇部里」になった、などといわれております。

鉄道は東西を宇部線が走り、高速道路は市の中央部を横断しているところに山陽自動車道があり、重要港湾である宇部港が海浜部にあります。山口宇部空港も市街地に近い位置にあり、交通環境が整っています。

ときわ湖を中心にわたって広がるときわ公園は189ヘクタールあり、花、植物、彫刻、動物、遊園地など、さまざまな魅力がある総合公園です。季節ごとの自然な美しさに彩られ「日本の都市公園100選」、「さくら名所100選」、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」などに選ばれており、高い評価を受けています。

観光地として「吉部の大岩郷」、「荒滝山」、「北向地蔵」が有名です。吉部の大岩郷は、「昔、大男が担いでいた天秤から大岩がこぼれ落ちてきた」という民話が語り継がれており、明治時代に国の天然記念物に指定されています。

荒滝山は、 標高459mと宇部市で最も高く素敵な風光です。山頂には江戸時代に作られた、のろし場の跡や明治天皇像が建立されていて、周防灘、秋吉台を望むことができます。巨大な岩々から流れ落ち、夏でも冷たい水が流れる荒滝の滝が麓にあります。

北向地蔵は、縁結びに御利益があると言われており、主に病気回復や進学です。明治の頃、高台にある北を向いたお地蔵様に祈願し、市外に住む重病人が満願の日に全快しました。これが由縁であり、線香の煙を患部に当てると良いといわれています。

宇部市がおすすめする人気の特産品・返礼品

宇部市の特産品は、「かまぼこ」「日本酒」「月待ちがに」「活き車エビ」「利休まんじゅう」「利休さん」「利休饅頭」などあります。その中でも返礼品として、霜降山天然地下水からできた人気の「宇部かまぼことちくわセット」や辛口が特徴の「貴(特別純米)」の日本酒、モチモチ生地で程よい甘さの「利休さん」があり、さらに利休まんじゅうと宇部元気ブランドである外郎の詰め合わせセットもおすすめの品です。その他にもいくつかあり選べるようになっております。

宇部市のふるさと応援寄附金の使い道

山口県宇部市へふるさと納税寄附をした方が選択した以下の事業に使用されます。現代日本彫刻展の開催のための事業、ときわ公園の整備と活性化のための事業、産学連携の推進による事業、自然を保つまちづくりをするための事業、未来を担う子どもたちへの教育支援事業 、の以上です。その他の事業や分野を指定することも可能です。

山口県 宇部市の返礼品ページ

山口県 宇部市のホームページ
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/shisei/shoukai/furusatonouzei/index.html