山口県 周南市のふるさと納税のご紹介

 

山口県 周南市のご紹介

周南市は、山口県の東南部にあり、南側は瀬戸内海に面しており平野が広がっています。比較的に温暖で積雪も少ないですが、北側は中国山地の一部にあたる農村地域で、冬にはまとまった量の積雪があります。

「周南」とは周防国の南部を指し、山口県の瀬戸内海沿岸の広い地域を指す名称として使用されてきたもので、2003年4月に新南陽市、徳山市、鹿野町、熊毛町の2市2町が新設合併し誕生しました。市名は、当時の合併の協議会に加わっていた下松市を含む3市2町の住民から公募で選ばれたものです。

周南市・下松市・光市にわたる徳山下松港は、国際拠点港湾として市内の主要産業である重化学工業企業などの瀬戸内工業地域の拠点港湾として機能しています。市の南東部にある旧熊毛町の北部の八代盆地は国の天然記念物「ナベヅル」が越冬のためまとまって渡来する、本州唯一の「八代のツル及びその渡来地」として国の特別天然記念物に指定されています。市のみならず、山口県をはじめ地域住民が力を合わせ希少となってしまったナベヅルの増羽をめざし、ツルを引き寄せるための模型の設置やネグラの整備などを進め越冬環境の整備に取り組んでいます。

海と山に囲まれた周南市はエリアごとに自然が育んだ特産品があります。市中央部の徳山エリアの特産品は海の幸「徳山ふぐ」で、海底に岩が多い市沖付近の海は潮の交流が激しく、フグのえさとなる海藻や稚魚などが豊富なためフグの生息に適した海域です。山の幸には、「日本原産種」の「じねんじょう山芋」があり滋養強壮に最適です。

周南市がおすすめする人気の特産品・返礼品

周南市への10,000円以上の寄付で、周南市の特産品が返礼品として受け取れます。中でも特産品のフグは人気で刺身やタタキや食べ比べセットなどがあり、フグを冷凍せずに切り身にしているものもあり、触感や歯ごたえをそのまま届けられるようこだわって作られています。また、返礼品には「周南ものづくりブランド」に認定されているものがあり、その中には風味豊かなコーヒーが多数あります。その他には、周南市産の地酒、カレー、お菓子、麺、海産物のセットがあり食べ比べも楽しめるのでおすすめです。

周南市のふるさと応援寄附金の使い道

周南市へ寄せられた寄附金は、12事業から使い道を選ぶことができ、「市長におまかせ」を選択すると、この12事業から市長により使い道が指定されます。主な事業は「次代を担う子どもたちを育む」、「高齢者の安心な暮らしを守る」、「地球温暖化の防止」、「市民や地域団体、NPO等の、主体的な地域づくり支援」、「芸術や文化の振興」、「人間魚雷、回天の歴史を受け継いでいく」「花と緑あふれるまちづくり」、「国際交流の発展」、「奨学金の貸付」に関する事業があり、「徳山動物園の魅力アップ」ではフルオープンの平成39年に向けて園内のド動物を増やすことにも充てられます。

山口県 周南市の返礼品ページ

山口県 周南市のホームページ
http://www.city.shunan.lg.jp/section/info/citypro/furusato/kifukintop.html

SNSでもご購読できます。