山口県 上関町のふるさと納税のご紹介

山口県 上関町のご紹介

上関町は、山口県南東部に位置しており、穏やかなで温かい気候の瀬戸内海に接しており、室津半島の中の先端部分とその南にある長島、その長島の西に位置する祝島、南東にある八島を中心に、半島部と島嶼部によりつくられた山口県最南端の町になります。町の境では柳井市と平生町に隣接しており、交通アクセスにおいて、県道光から上関線を軸に道路網を形成しており、県道の柳井から上関線及び室津半島スカイラインなどを主として広域道路を整備しています。

この交通網は、1969年の上関大橋の誕生により長島が陸続きになり、飛躍的に向上した経緯があり、現在では道路改良により上関町から柳井駅まで、車で約30分圏内でのアクセスが可能となっています。その他にも山陽自動車道の熊毛IC、玖珂ICへのアクセスも1時間程の移動距離であり、山口市内方面や広島市内方面への利便性も向上しています。

町の面積は約35キロ平方メートル、地形は半島部の中心に位置している標高526.7mを誇る皇座山を最高峰に、各島ともほとんどが山地や急斜面地によって形成され、平野部が少ないという特徴があります。そのため、農耕や居住のための土地が少なくなっています。

気候は比較的温暖であり、すごし易いのですが、島嶼部などは水利条件に恵まれない地域となります。また、海に接する形状から、冬の間は海風や波が強く、海岸線は日本の海に多く見られる断崖絶壁の地形の箇所も多く、瀬戸内海近郊の海岸では珍しい地形もあり、観光名所としても親しまれています。また、瀬戸内海国立公園区域に含まれており、瀬戸内海の穏やかな海と島嶼部により、自然豊かな美しい景観に恵まれた地域です。

上関町がおすすめする人気の特産品・返礼品

瀬戸内海の温暖な気候と内海や海峡に面した特徴を持つ上関町ならではの特産品が沢山あり、様々なラインナップから豊富な返礼品をを選択することができます。中でも人気の品は「天然とらふぐセット」や「天然の鱧しゃぶセット」、車えびなどの海の幸で特にとらふぐは、全国的にも有名な玄界灘にほど近い場所で水揚げされ、良質なフグと言う事で人気です。その他のおすすめの品は、地元の畜産農家で生育された、黒毛和牛の肩ロース肉やしゃぶしゃぶセットなども注目の一品です。

上関町のふるさと応援寄附金の使い道

寄附金は、地域のこれからの産業振興や、イベントの拡充、地域の活性化、子供たちの未来のための育成を目的として、町が地理組みを行う次の事業に活用されます。1.上関町の高齢者を敬う福祉や医療に関する事業、2.上関町の次代を支える子どもへ支援する事業、3.上関町の運動などのスポーツ振興や文化を賑やかにする事業、4.その他、町長が必要と認める事業、以上のような事業へと活用されます。

山口県 上関町の返礼品ページ

山口県 上関町のホームページ
http://www.town.kaminoseki.lg.jp/