山形県 山形市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

山形県 山形市のご紹介

山形市は人口およそ25万3千人、山形県の中部東にある市で、同県の県庁所在地です。山形県内の人口は1位で、周辺の自治体と共に形成されている山形都市圏では、東北で3番目に人口が多いです。盆地の東南部の扇状地の上には市街地が立地し、山形盆地の南部3分の1を占めています。市の北、北西方向は広く平地が続ており、たいへん広大な田園となっています。南西部は丘陵が占めており、東部は奥羽山脈による山岳地帯となっています。盆地特有の内陸型気候で、寒暖の差が激しい気候です。東北の中でも暑さが厳しく、夏は35℃を超え猛暑日になることもあります。盆地のため一日の気温差は大きくなり、熱帯夜となることは少なく朝夜は過ごしやすいです。一方、冬は寒さが厳しく雪の降る日も多いですが、日本海で発生した雪雲は山々によって遮られるため、山形県内でも降雪量は少ない方です。城下町として発展したが、山形城の拡大と共に市町・職人町・寺社など計画的に配置が行われました。土産物や仏具で山形鋳物が有名になり、明治期発展の土壌が作らていきれました。鉄道が開業してからは商業と工業とが両立して発展し、成長してきています。高速道路の発展と共に工場の立地が増加し、山形新幹線の開業にともない観光客が増加してきています。中心市地には、外国人向けの観光案内所やホテルやが多くあります。市民1人当たりの外食でのラーメンに使う金額は、全国一位となっています。

山形市がおすすめする人気の特産品・返礼品

町の特産品でもある「山形県産米食べ比べセット」は、甘み・うまみ・つや・粒ぞろいの「つや姫」と山形を代表している米「はえぬき」のお米セットです。「さくらんぼ(佐藤錦)」は、山形を代表する果物で赤い宝石"佐藤錦"と言われ、さわやかな酸味と甘みが絶妙なおすすめ商品です。「陶修窯 碁点焼 藍掛分桜花紋ぐい呑 ペアセット」は、丹精こめてつくられた工芸品で白化粧と藍化粧によるグラデーションに、桜模様が施してある小さめのぐいです。丸みがある形が可愛い、女性にも人気の作品の返礼品です。

山形市のふるさと応援寄附金の使い道

山形県山形市へふるさと納税で頂いた皆様の寄付は、山形市のふるさとづくりのため、使途を選択して頂き、ふるさと創生基金への積み立てを行い有効活用させて頂きます。1.健康医療先進都市の実現に向けて、世界に誇る健康・安心のまちをつくるため医療、製薬会社、健康食品産業などが集積するまちづくりや質の高い介護や医療が受けられるまちづくりの事業、2.ふるさとの未来をつくる子どもたちのために子育て・教育環境の充実や結婚から出産・子育てまでを支援する事業、以上となっています。

山形県 山形市の返礼品ページ

山形県 山形市のホームページ
http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/kakuka/shoko/brandsuishin/sogo/hurusatonouzei/hurusatonouzei.html

SNSでもご購読できます。