山形県 高畠町のふるさと納税のご紹介

山形県 高畠町のご紹介

高畠町は、山形県の南東に位置しており、人口は約23,000人、奥羽の深くに源流がある屋代川や和田川の扇状地に拓けている稔り豊かな町です。「日本のアンデルセン」と言われる童話作家の浜田広介さんの故郷であり、生原稿が展示されている「浜田広介記念館」があり、読書ルームや喫茶コーナーなどがあって子供から大人まで楽しめる観光スポットとなっています。学問の神様として知られている亀岡文殊堂は、丹後の切戸文殊、大和の安倍文殊と、日本三文殊の一つとして知られており、合格祈願に訪れる人が多くいます。町のシンボルでもある安久津八幡神社の三重塔をはじめ、考古資料館、古墳、復元住居や田園などと四季折々の花が楽しめる自然と歴史を感じられる公園「まほろば古の里歴史公園」もぜひ訪れてほしい場所です。秋には山形の郷土料理である「いも煮」を皆で楽しみ集う様子が見られます。また、全国でも珍しい総合コミュニティ施設の「高畠町太陽館」では、JR高畠駅と温泉施設が直結していて、外に出ることなく温泉に入りに行けると評判のスポットです。特産品には、ぶどうがあります。デラウエアの生産量は日本一で、ほかにもラフランスやサクランボ、リンゴなどの生産も盛んです。特産のぶどうを利用して作られた「高畠ワイン」があり、高畠ワイナリーでは自然豊かな環境の中で無料の試飲ができ、ワイナリーでしか手に入れられないオリジナルワインなどもあり、観光客に人気の場所となっています。

高畠町がおすすめする人気の特産品・返礼品

山形県高畠町のふるさと納税返礼品には、町がはぐくんだいくつもの特産品があります。高畠産のラフランスを使用した、高貴な香りと品のある甘みの「ラフランスワイン」、熟したイチゴやドライフルーツを使用して作られたロゼワイン「樹氷のしずくカベルネ」、数々の賞を受賞した「プレミアムワインセット」など、ワインが充実しており人気です。その他フルーツジャム、ドレッシングなど、特産のフルーツをふんだんに使った商品が多く、おすすめです。

高畠町のふるさと応援寄附金の使い道

山形県高畠町へふるさと納税でいただいた大切な寄付金は、まちづくりのための財源として、「泣いた赤おに」の童話作家として有名な浜田広介さんの出身地として、暖かい心をはぐくむまちづくり事業に、また1万年もの歴史がある日向洞窟や日本三文殊の一つである亀岡文殊、安久津八幡神社をはじめとした観光スポットや、たかはたブランドの特産品などの観光資源を生かしたまちづくり事業など、子どもたちの健やかな成長のための子育て支援事業、自然環境保全など、地球にやさしいまちづくり事業などに活用しています。

山形県 高畠町の返礼品ページ

山形県 高畠町のホームページ
http://www.town.takahata.yamagata.jp/002/furusato_nouzei.html