山形県 鮭川村のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

山形県 鮭川村のご紹介

鮭川村は、山形県の北部に位置している約4,100人の村で、村の中心には鮭川が流れています。自然がいっぱいの村内にはさまざまな観光名所があります。樹齢1,000年、根回り6.3m、高さ20mもある大杉は、形が映画「となりのトトロ」のトトロにそっくりということで有名になり、村一番の観光スポットになっています。米地区には米湿原があり、貴重な植物が多く生息していて四季ごとにいろんな景色が観られます。大芦沢地区の与蔵の森では、直径200mもの「与蔵沼」があります。古くから大蛇伝説が語り継がれており、多くの観光客も訪れます。平成5年に見つかったばかりの「まぼろしの滝群」もトレッキングツアーコースなどに人気のスポットとなっています。また、8月の中旬に行われる東日本随一の灯篭流しが有名で、鮭川を流れていくたくさんの灯篭の光景は幻想的です。特産品には、山形県全体の6割ものきのこ、主にナメコやしいたけ、ブナシメジのほか、常時7種類のきのこが生産されています。鮭川で獲れるきのこづくしの「鮭川きのこ王国祭り」も催されていて、きのこつかみどりや植菌体験、きのこ料理づくしで、おいしいきのこを堪能できます。最上川の支流である鮭川には秋に鮭が遡上してくることで知られており、村の名の由来にもなっています。鮭を寒風にさらし保存食とする「鮭の新切り」などの郷土料理、鮭まつりも催され、鱒や鮭を「天の恵み」と感謝する風習が色濃く残っています。

鮭川村がおすすめする人気の特産品・返礼品

山形県鮭川村のふるさと納税返礼品には、おすすめの特産品がたくさんあります。米どころ山形を代表するお米「はえぬき」「つや姫」、日本を代表する「こしひかり」。山形の寒暖差の大きい気候と豊富な水で熟成させ育てられた「山形牛」は脂の質がきめ細かく、旨味が強いと人気です。鮭川特産のきのこを使った品々、さくらんぼをはじめ、ラフランスや桃、メロンなど、フルーツも種類が豊富です。最上の自然が育んだ地酒や焼酎なども人気があります。

鮭川村のふるさと応援寄附金の使い道

山形県鮭川村へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、国の天然記念物「カタクリ」や「ギフチョウ」をはじめとした鮭川でみられる美しい自然や景観の保全・継承活動、「鮭川歌舞伎」などの文化の保全と継承活動、将来を担う子どもたちの教育環境の充実、鮭まつりやきのこ祭りをはじめとした地域のイベントの活性化などの地域振興事業などに活用されています。寄付者による指定がない場合は、村長が必要と認めた事業に活用されています。

山形県 鮭川村の返礼品ページ

山形県 鮭川村のホームページ
http://www.vill.sakegawa.yamagata.jp/government/furusato-nouzei/

SNSでもご購読できます。