山形県 大石田町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

山形県 大石田町のご紹介

大石田町は、山形県の北東に位置している人口約7,000人の町で、北村山郡に属しています。最上川の流域を中心に発展し、役場や中心商店街も河川のすぐそばです。かつて最上川を利用した舟運の河岸場として栄え、今なおあちこちにその名残があります。大石田は玄そばの産地として知られ、県内トップクラスの生産量です。夏と冬の気温差や、昼と夜の寒暖の差がそばの生産に適しており、130年前に伝来した在来種の「来迎寺」や、次年子の地そばを使用している大石田そばは、のどごしなめらかで、ほどよいコシが評判です。町の平野部や山間部を中心に、手打ちそば屋が多く軒を連ねており、休日には県外からの家族連れや観光客などの多くの人たちが訪れています。毎年秋には新そばの収穫を祝って、また大石田のそばを広めるため「新そばまつり」が開催されています。「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の旬のそばをおいしくいただけます。そば街道振興会加盟店などそば打ち体験ができるなど、観光客に人気です。ほかにも「ぺそら漬け」という唐辛子の辛さが癖になるなすのお漬物が名物で、舟運で栄えたころの船中食として作られていたものです。「ぺそら」の意味は味もそっけもないことで、味がよくしみ込むことから名づけられたようです。観光スポットには、黒滝沢流域のミズバショウ大群落があります。毎年5月上旬には斜面の残雪と共に見られる景色は素晴らしいです。また、全国においても珍しい涅槃姿の御尊像が安置されている乗舩寺も観光スポットとして人気です。

大石田町がおすすめする人気の特産品・返礼品

山形県大石田町のふるさと納税返礼品として、大石田の自慢の特産品「大石田そば」がおすすめです。生そば、乾麺ともに大石田ならではの味わいが楽しめます。大石田ならではのそば板で盛り付ければ、お蕎麦屋さん気分です。また、大石田発祥の「ぺそら漬け」をはじめとした季節の漬物セットもさまざまな漬物が味わえるので人気があります。米どころ山形のブランド米も定評があります。「つや姫」「はえぬき」など、最上川の豊富で良質な水と昼夜の寒暖差、こだわりの土壌がはぐくんだ自慢のお米です。

大石田町のふるさと応援寄附金の使い道

山形県大石田町へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、快適で住みやすいまちづくりのための、冬季の除雪作業や流雪溝の整備、インフラや通信体制整備など、子どもの教育環境整備やスポーツの振興、自然や歴史、景観を守る事業など、高齢者や障がい者支援の充実や医療費支援など、特産品の振興やブランド化、まつりをはじめとした観光業の推進、地域住民活動の支援などに活用されています。寄付者による指定がない場合は、町長におまかせとなります。

山形県 大石田町の返礼品ページ

山形県 大石田町のホームページ
https://www.town.oishida.yamagata.jp/chousei/furusato/index.html

SNSでもご購読できます。