山形県 南陽市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/14

山形県 南陽市のご紹介

山形県南陽市は、南東に位置しており、人口は約3万2000人です。市内には、山形新幹線の停車駅になる赤湯駅があり、東京から新幹線を利用して約2時間半で行くことができます。また、山形空港からは車で約1時間10分の距離になります。赤湯温泉は、県内では珍しく市街地にある温泉で、飲食店やコンビニなども近くにあり便利です。温泉宿の他に公衆浴場もあり、100円から200円と安くて人気です。冬には、なんよう雪灯かり祭りが駅や温泉地周辺で開催され、手作りキャンドルが市内を照らします。また、赤湯温泉にほど近い場所に烏帽子山公園があります。日本さくら名所100選にも選ばれており、春の桜の他にも秋には紅葉も楽しむことができます。日本三大熊野のひとつと言われている熊野大社には、三羽のうさぎが隠し彫りされており、全て見つけた人は願いが叶うと言われています。南陽市の特産品にぶどうがあります。山形県のぶどうの出荷量は山梨県に次いで全国2位で、南陽市は中心地として知られています。このぶどうを使ったワインづくりが盛んで市内にはいくつものワイナリーがあります。また、ぶどう園の他にも県内有数のさくらんぼの産地としても知られており、さくらんぼ狩りを楽しむこともできます。アクティビティが楽しめる場所として、南陽スカイパークがあります。パラグライダーなどのアクティビティを楽しむことができ、秋にはスカイフェスティバルも開催されます。

南陽市がおすすめする人気の特産品・返礼品

「つや姫」や「はえぬき」といったお米も返礼品として人気がありますが、他にも地元の果樹園やワイナリーから作られた特産品のワインやぶどうジュースの詰め合わせセットや、米沢牛と米沢豚が入ったお肉の食べ比べセット、地元で作られたりんごの「ふじ」の詰め合わせなども人気があっておすすめです。また、県内産の楢、栗、楓、ブナ等の上質な木を詰め合わせた薪や、地元の果物を加工したジェラートやドライフルーツの詰め合わせセットなどもあります。

南陽市のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金は、以下の事業に活用させていただきます。1、”子育て支援宣言都市なんよう”の子育て応援事業として、安心して子供を産むことができ、健やかに育てられる事業の展開と、強力に育ての後押しを行っています。2、森林の保全、自然豊かな郷土づくり事業として、美しい自然や景観を守りながら次の世代に引き継ぐための環境保全事業に取り組んでいます。3、スポーツの振興と、文化の保存、伝承、発信事業として、地域の民話などを学び合う事業取り組み、まつりなどを通じて文化を発信しています。4、共に助け合い、楽しいふるさとづくり事業として、地域力の向上推進と市民全体の自主的なまちづくりを進めています。

山形県 南陽市の返礼品ページ

山形県 南陽市のホームページ
http://www.city.nanyo.yamagata.jp/furusatonouzei/index.html