山形県 三川町のふるさと納税のご紹介

山形県 三川町のご紹介

山形県三川町は、山形県の北西部にあります。庄内平野のほぼ中央にあたり、町内を流れる三種の川「三川」によって、豊かできれいな水がいつも確保され、水が大地を潤し、全国でみても有数の穀倉地帯となっています。面積当たりの収穫量はとても多く、全国で常にトップクラスとなっています。お米以外にも、メロンやしいたけ、長ねぎなどの生産も盛んで、、地元だけの消費ではなく、首都圏へも出荷されています。そしてその農作物は高い評価を受けています。三川町は起伏がなく地形にも恵まれており、美しい景色が広がります。昭和30年には三つの村が合併し東田川郡三川村が誕生し、昭和43年に消防学校などが設置されることになったのを機会に、三川町となりました。助川という集落には小さな池があり、小野小町がこの地で生まれたというところから「小野小町の池」と言われています。文化財が多くあり、八幡神社厨子や一対の狛犬、山の神のケヤキなど、35種類の文化財があります。五月には、青空と黄色い絨毯に包まれるという春の一大風物詩でもある、菜の花祭りというイベントも開催されています。このイベントでは、「菜の花娘写真撮影会」が開催されており、毎年恒例となっています。いろいろなイベントが企画され、お子様からご高齢の方まで楽しめるイベントになっています。また、町の観光をPRするという事を目的に、町内の風景写真をを素材として利用した観光名刺を作成しています。

三川町がおすすめする人気の特産品・返礼品

三川町の特産品と言えば「お米」です。そして、そのお米が返礼品一覧の中に入っており、とても人気です。新米の時期になると、多くの品種から選ぶのが楽しみになります。年末年始に「福を呼ぶ米俵」を縁起物として新米を米俵でチョイスすることもできます。つや姫やはえぬきなど、様々な品種があります。庄内柿もおすすめです。特徴として、種がないため食べやすいです。他にも、肉厚なシイタケや新鮮な野菜もあります。自然豊かな環境で育つ新鮮な野菜は大変おいしく、おすすめです。

三川町のふるさと応援寄附金の使い道

山形県三川へふるさと納税で皆様から頂いた皆様の寄付は、ふるさとづくりの為に有効活用させていただきます。1.出産や育児、生涯学習など、一人ひとりが輝いていられる状態で、優しさがあふれているまちづくり、2.住んでいる場所やその周りの環境などを整備し、誰もが快適に感じ、安らぎがあふれるまちづくり、3.観光を充実させ、土地をうまく活用して人と産業が活躍でき、豊かさで潤うまちづくりなどがその対象となります。

山形県 三川町の返礼品ページ

山形県 三川町のホームページ
http://www.town.mikawa.yamagata.jp/furusato/furusato.html