山形県 川西町のふるさと納税のご紹介

 

山形県 川西町のご紹介

川西町は、山形県の南部に位置する町で、米沢盆地の南西部にあたります。町の北端には最上川、東端には鬼面川が流れ、河川付近は市町の境界になっています。町の観光名所には「川西ダリヤ園」があります。日本最大規模のダリヤ園で、8月から11月上旬の間、650種10万本もの花が咲き誇り、観光客の目を楽しませています。園内にはアスレチックや水遊びスポットもあり、様々なイベントが行われており家族で楽しめます。100種類を超えるハーブが植栽されている置賜公園ハーブガーデンもあり、体験プログラムなどもあってこちらも家族で楽しめます。町の北西部、標高230から280メートルほどのところにある古墳群「下小松古墳群」も東日本最大級で国の指定史跡とされています。高山植物のヒメサユリなどもみることができます。さらに、川西は作家・劇作家である井上ひさしさんの生まれ故郷でもあり、作品作りに集めた蔵書22万冊をおさめた「遅筆堂文庫」が「川西町フレンドリープラザ」内にあり、注目を集めています。特産品は、盆地特有の昼夜の寒暖差を生かし、米づくりがさかんです。また、上杉藩時代から置賜地域で畜産が行われており、米沢牛の子牛生産基地となっています。全国的に希少となっている「赤豆」も盆地性の気候を生かして生産されており、煮豆の文化が伝承されていることから、特産品となっています。これらの特産品を直売している「かわにしの森マルシェ」があり、ご当地グルメなども楽しめるほか、レストランなどもあり地元の人にも人気です。

川西町がおすすめする人気の特産品・返礼品

山形県川西町のふるさと納税返礼品には、季節ごとにさまざまな特産品が用意されています。おすすめは、山形のブランド牛「米沢牛」とその加工品です。旨味と脂身の質にこだわり生産されており、深い味わいで人気です。すき焼き用や焼き肉用、霜降りステーキなど種類も豊富です。100年もの歴史がある秘伝のタレで煮込まれた牛筋煮込みもおすすめです。川西産のもち米を使って、伝統製法によってつかれた「杵つきもち」も定評があります。

川西町のふるさと応援寄附金の使い道

山形県川西町へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、健康レクリエーションの開催、グランドホッケーの強化をはじめとした健康づくり事業の推進、次世代を担う子どもたちの教育の充実、特色ある学校づくり支援、古くから伝わる文化や歴史の継承と発展に関する事業、空き家対策や新エネルギー対策などの環境の保全や景観の維持・再生に関する事業、まちづくりや定住促進などのコミュニティの推進事業、地域間交流の推進事業などに活用されています。

山形県 川西町の返礼品ページ

山形県 川西町のホームページ
https://www.town.kawanishi.yamagata.jp/kurashi/furusatonozei/furusatonozei.html

SNSでもご購読できます。