山形県 金山町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

山形県 金山町のご紹介

金山町は、山形県北東部に位置し、最上郡に属しています。地域の4分の3は森林で、金山杉と白壁の金山型住宅、町のシンボルでもある大堰という石造りの農業用水路に錦鯉が放流されており、せせらぎの音に心癒されます。公園整備や植栽活動など意欲的に景観施策に取り組んでおり、町並みづくり100年活動も提唱され、いくつもの町並みコンクールで受賞実績もあります。観光スポットには、食や木工などのあらゆる体験ができる「遊学の森」や、テニスやゴルフなどのスポーツやキャンプが楽しめるスポーツ施設やゲンジボタルが飛び交う風の丘公園、1624~1651年頃に最盛期であった谷口銀山跡などがあります。特産品はその自然を生かした山や川に由来するものが多いです。鯉の町でもあることから、鯉の甘の「あまこい」、金山産米で作った手焼せんべい「神室せんべい」などが有名です。日本で古くから「楓糖」と呼ばれ、山の民に親しまれてきた楓の樹液を約40倍にも煮詰めた金山産のメープルシロップ「楓の雫」も特産品です。透き通るような甘さで、ほかには味わえないおいしさです。ソフトクリームなどもあり、コクのある甘さが癖になります。また、その楓と自生の野生ホップ「唐花草」を使って作ったメープルビールも、世界で初めてのビール「楓酔」もお土産に人気です。伝統工芸には金山杉工芸があります。細やかな木目はほかにはない美しさで、寄木にして作る木目の模様がおしゃれな作品もあり、お土産としても人気です。

金山町がおすすめする人気の特産品・返礼品

山形県金山町のふるさと納税返礼品には、町の特産品である品々がそろっています。おすすめは、豊かな土地と澄んだ水、作り手の技が光る、おいしい金山産米「つや姫」や「はえぬき」です。食べ比べセットもあります。その金山産米を用いて作られた地酒のみくらべセットなども大変人気があります。また、金山産の「娘ぶた」や山形のブランド肉「山形牛」も、すき焼き用、焼き肉用、しゃぶしゃぶ用と種類もさまざまで、人気があります。金山ならではの杉工芸品もこだわりの品ばかりです。

金山町のふるさと応援寄附金の使い道

山形県金山町へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、未来を担う人材育成のための事業や、子どもからお年寄りまで、誰もが元気に過ごせる健康づくりのための事業、農林業の振興や後継者の育成を通じ、町の基盤産業を活性化させる事業、街並みづくり100年運動の活動、定住や交流の促進、教育環境の充実、金山に伝わる文化や伝統の継承・発信、金山杉を用いた公民館の建設など、町の発展につながるあらゆる事業に活用されています。

山形県 金山町の返礼品ページ

山形県 金山町のホームページ
http://www.town.kaneyama.fukushima.jp/soshiki/54/furusato-ouen.html

SNSでもご購読できます。