ふるさと納税でもらえる♪山形県天童市の人気返礼品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさと納税の寄付先で大人気の天童市。平成27年には受入額が全国3位、申込数は約18万件にも上りました。(総務省「各自治体のふるさと納税受入額及び受入件数」)
人気の理由は、なんといっても充実した返礼品にあります。おいしいフルーツにはじまり、特産品の将棋駒、そして美味しいお米など嬉しい品が盛りだくさん。さらに、2017年春に映画が公開され話題になった、羽海野チカ氏による人気マンガ『3月のライオン』とのコラボ特典プレゼントも注目されています。

山形県天童市とは?

山形県のほぼ中央部に位置する天童市は、将棋駒と温泉の街として有名。東京から新幹線で約3時間、山形空港からは自動車で約10分のアクセスの良さです。

自然に恵まれた、果物の名産地

自然に恵まれた天童市は、フルーツの王国。西洋ナシの代表的品種で、果物の女王といわれることもある「ラ・フランス」は、その生産量が日本第一位です。さらに、山形名産のサクランボやリンゴ、モモなど、他にも美味しい果物がたくさん収穫されており、季節ごとの果物を楽しむことができます。

特産品の将棋駒、生産量は日本一

将棋駒の生産地としても有名な天童市。日本一の生産量を誇ります。その歴史は江戸時代に始まり、160年にも及ぶとか。街を歩けば、いたるところに将棋の駒をモチーフにしたモニュメントを見つけることができます。「人間将棋」など、将棋をテーマにしたユニークなイベントも開催しています。

ふるさと納税で人気のフルーツ返礼品

大玉ラ・フランス(5kg) 寄付金額10,000円(山形県天童市)

天童市が生産量日本一を誇る特産品ラ・フランス。そのなかでも、大玉なものを選りすぐった返礼品です。ラ・フランスはしっかり追熟が必要な果物。食べごろは、軸の周囲が指で押したときに耳たぶぐらいの柔らかさになり、いい香りがしてきたころです。手元に届いてから少しだけ愉しみを先延ばしにして、美味しくなるまで待ちましょう。

独特の芳香な香りととろける舌触り、上品な味わいをお楽しみいただける、おすすめの返礼品です。

りんご(サンふじ) 寄付金額10,000円(山形県天童市)

秋から冬にかけて美味しい果物といえば、リンゴ。その中でも甘みが強く、しっかりした舌触りと豊富な果汁で人気が高い品種「サンふじ」の返礼品です。

実にカバーをかけずに、燦燦と降り注ぐ太陽の光を浴びせて育てたこだわりのリンゴ。天童市の盆地という立地が生み出す特有の寒暖差により、味も品質も磨かれます。溢れる果汁と甘みをお楽しみください。

季節のフルーツ詰合せ 寄付金額18,000円(山形県天童市)

その時期に一番美味しい旬の果物を厳選。100%フルーツジュースとの豪華セット。11月末日までの申し込みで手に入る12月の詰合せは、「ラ・フランス」「リンゴ」を中心とした果物に、100%ジュース1本を予定しています。

複数の果物を楽しめるだけでなく、濃厚なジュースも楽しめる人気の返礼品です。果物について知り尽くした果樹園のプロが選ぶ、旬の味覚。季節を変えて複数回申し込む楽しみ方も、おすすめです。

※写真はイメージです。実際の詰め合わせとは種類が異なります。

12月の豪華フルーツ詰合せ 18,000円(山形県天童市)

箱を開けると入っているのは、洋ナシやリンゴなどフルーツの数々。新品種や話題の人気品種の豪華詰合せです。詰合せ品種は5~9種類。毎日、違う味わいを楽しむことができます。「いろいろな果物を楽しみたい」「知らない品種にも出会ってみたい」そんな方におすすめの返礼品です。

12月の詰合せは、洋ナシが「ラ・フランス」「エルドラド」「シルバーベル」など、リンゴが「ふじ」「はるか」「森のかがやき」「星の金貨」「青林」などの品種を予定しています。

※写真はイメージです。実際の詰め合わせとは種類が異なります。

天童が誇るの特産品!将棋駒の返礼品

将棋駒、日本国内生産量の9割近くを担う天童市。江戸後期から受け継がれてきた伝統の技を職人が丹精込めて詰め込んだ、天童市でしかお届けできない美しい駒の返礼品をご紹介します。

天童が誇るの特産品!将棋駒の返礼品

明治に創業し、4代に渡り伝統の技術を継承してきた中島清吉商店の提供です。

駒に使われているのは楓の木。黄みがかった美しい色合いで、硬質ながら弾力性に優れた材質です。駒の字は、ひとつひとつ天童のベテラン書き師が丁寧に手書きしており、趣があります。持ち運びがしやすく収納もしやすい6号サイズの折盤とセットになっている、将棋入門者におすすめの返礼品です。

飾り駒 寄付金額18,000円(山形県天童市)

縁起のいい飾り駒「左馬」の返礼品です。台付なので、そのまま飾っていただけます。

左馬はさまざまな説で縁起の良い飾り駒とされています。「うま」を逆から読んで、古来めでたい席で披露されていた「舞」になる。馬は左から乗るもので右から乗るとつまずくため、左向きの馬は人生をつまずくことなく過ごすことができるシンボル。福を招くめでたい守り駒として親しまれています。

伝統工芸士が製作するオンリーワンの根付駒(盛上駒) 寄付金額50,000円(山形県天童市)

天童市が誇る伝統工芸士「掬水」氏による、名入りのオンリーワンの根付駒です。掬水氏が駒の成形から仕上げまでのすべてを担います。

盛上駒とは、木材を彫って描いた文字を漆で埋め、さらに蒔絵筆を使用して漆を重ね、文字を浮き上がらせたもの。丁寧に乾燥させて磨きをかけます。高度な技術を要する、駒の中でも最高クラスの種類。美しく盛り上がった漆の文字は、光を優しく反射して黒く光ります。

羽生名人の第19世永世名人の資格を獲得した第66期名人戦で使用された伝統工芸士「掬水氏」による最高級の駒を、桐箱付で。ふるさと納税でしか手に入らない、逸品です。

将棋駒 寄付金額250,000円(山形県天童市)

新鋭の彫士「月虹」氏による作品の返礼品。高級駒の材として最高峰の御蔵島産黄楊を使用し、ひとつひとつ月虹氏が丁寧に仕上げています。密度がありながら肌触りの柔らかい木目に、月虹氏によるしなやかで繊細ながら力強い文字が艶やかに黒く輝きます。将棋の街、天童だからお届けできる、美しい逸品です。

まとめ

寄付先で人気な天童市の返礼品をご紹介しました。果物の返礼品など、一部の返礼品は時期により内容が変わることがあります。また、申込締切がある場合もありますので、ぜひ早めにお申し込みください。

天童市では、時期によって、ふるさと納税の返礼品にプラスして、「3月のライオン」コラボ商品の将棋駒ストラップやバッグなどのノベルティをプレゼントしています。数に限りがありますので、詳細は自治体までお問い合わせください。

※ご紹介した返礼品の内容は、変更されることがあります。詳細は、寄付時に各ふるさと納税サイトでご確認ください。

SNSでもご購読できます。
コメントを残す

*