和歌山県 田辺市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

和歌山県 田辺市のご紹介

田辺市は和歌山県の中南部にある市で、平成17年に市町村合併により、近畿地方にある市の中では面積が最大となりました。県内では和歌山市に次いで2番目に多い人口で、72,000人ほどです。源義経の片腕の武蔵坊弁慶のふるさとと言われています。

熊野参詣道の大辺路と中辺路の分岐点で、古くから交通の要衝として口熊野の中心地でした。田辺から熊野本宮へ向かう中辺路、田辺から海岸沿いに向かう大辺路は高野山から熊野へ向かう小辺路とともに世界遺産に認定されています。

田辺市には恵まれた気候と自然を生かした特産品がたくさんあります。特に代表とされるものには「紀州の梅干し」があります。実が柔らかく果肉が多い、種が小さい、皮も薄く良質な梅干しは、梅干しの最高級品として有名です。梅は疲労回復や殺菌などにも効果があるといわれ、健康ブームにのっとり、梅干し以外にも梅酒やジャム、ゼリーなどさまざまな加工品があります。温暖な気候から柔らかく甘いと評判のみかんの産地としても知られています。

また、真っ白の正方形の真ん中に日の丸のような焼きが入った高級かまぼこの「南蛮焼」も有名です。炭の最高傑作ともいわれる「紀州備長炭」も国内外から高い評価を受けている自慢の特産品です。特に火力が強く長持ちすることで高級料理店などでも好まれ使用されています。

炭の文化を伝える紀州備長炭記念公園もあります。自然いっぱい、特産品がいっぱいの田辺市では収穫体験や手作り体験、加工体験などができ、観光客にも人気です。

田辺市がおすすめする人気の特産品・返礼品

田辺市のふるさと納税返礼品でおすすめしたいのは、「熊野古道の旅」です。田辺市をより知ってもらいたい、豊かな地域資源に触れていただき、心と体を癒してもらいたいという思いが込められています。語り部と一緒に歩くプラン、ペア宿泊プランなどがあります。また、特産品である「紀州南高梅の梅干し」もおすすめです。製造会社も種類もいろいろあり、選ぶ楽しさもあります。梅干し以外にも梅酒や梅ドリンク、梅スイーツセットなども人気です。

田辺市のふるさと応援寄附金の使い道

和歌山県田辺市にふるさと納税でいただいた皆様からの寄附金は、田辺市の発展のため、以下の事業などに有効に活用されています。1.世界遺産「熊野古道」の保全と整備、2.環境保全事業として資源の、有効活用、省資源化、リサイクルの推進、3.田辺・龍神・中辺路・大塔・本宮のそれぞれの地域が持つ特色、文化、歴史を生かしたふるさとづくり、4.高齢者福祉や次世代育成に関する事辺にゆかりのある世界的偉人、南方熊楠や植芝盛平の顕彰活動などに充てられています。

和歌山県 田辺市の返礼品ページ

和歌山県 田辺市のホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/furusato/index.html