和歌山県 みなべ町のふるさと納税のご紹介

 

和歌山県 みなべ町のご紹介

和歌山県のみなべ町は、日高郡にある人口12,300人ほどの町です。ここでは梅の栽培や梅干しの生産が有名で、日本一の「梅の里」として知られています。また梅の代表品種である「南高梅」の発祥地でもあります。青梅と梅干しの生産では日本一としても有名な産地です。

こういったことが背景で、梅の加工業や流通業、小売りといった経済波及も大きく、梅は地域においての基幹産業となっています。またその他でも、町の木ウバメガシを使った「紀州備長炭」の生産でも国内2位を誇っています。

蒲鉾や南蛮焼、ごぼう巻なども特産品として知られています。海産物も豊富で、めざしの干物、イカの一夜干し、アジの開きやカマスの開きなどの特産品があります。

観光スポットでは、南部梅林、千里の浜 、熊野古道の一部、そして本州では有数のアカウミガメの産卵があるなどの自然が豊富な場所が町には点在しているので観光客も多く訪れます。

町のイベントでも「梅祭り 」、「須賀神社の秋祭り」、「鹿島神社の秋祭り 」、「高城天宝神社の秋祭り 」、「清川天宝神社の秋祭り」といった歴史ある神社を祭っての催し物も多くて地元では好評です。夏には海水浴や磯釣りを楽しむ観光客も多く、宿泊施設も整っています。

みなべ町へのアクセスは、京都や大阪からならば、国鉄きのくに線のご利用で最寄り駅は「南部駅」となり、新大阪駅から特急で2時間、京都駅からだと特急で2時間半の距離となります。

みなべ町がおすすめする人気の特産品・返礼品

和歌山県のみなべ町へのふるさと納税返礼品としては、特産物としての梅干(白干し)や、紀州備長炭や海産物などが人気で、おすすめしています。「白干梅」というのは、みなべ町の特産品でもあります「南高梅」を使った梅干で、塩分は約20パーセントです。その他、はちみつ入の梅干の「黄金漬」は完熟紀州南高梅を原料にしてはちみつを加えて、熟成させたもので、こちらも人気商品となっています。

みなべ町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様からの和歌山県の広川町に対してのご寄付は、ふるさと創りの事業の支援を行うために使われますので、以下の事業から支援したいと思うものを選ぶことができます。
緑豊かで快適なまちづくりのための事業、永く住みたい魅力あるまちづくりのための事業、便利で安心安全なまちづくりのための事業、町民参画で官民協働のまちづくりのための事業、うめ世界一の元気なまちづくりのための事業、おまかせしていただくコース、その他の特定目的の寄付金といった支援のために。

和歌山県 みなべ町の返礼品ページ

和歌山県 みなべ町のホームページ
http://www.town.minabe.lg.jp/docs/2013091000352/

SNSでもご購読できます。