富山県 砺波市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/18

富山県 砺波市のご紹介

砺波市は富山県西部にある市で、砺波平野の中心に位置しています。オランダ王国との姉妹都市契約があることから、オランダ製のヴィップ型風車「ヴリンスキャップ」があることで知られています。屋敷林に囲まれた農家が田園に点在していて、日本の農村の原風景ともいわれています。田植えの時期には水を張った田んぼに映る夕日が幻想的で美しいです。

また、チューリップの球根の日本有数の産地としても有名です。豊富な雪解け水などの自然条件が球根の生産に適しているためです。
まちは春には色鮮やかなチューリップ畑が広がり、花のじゅうたんのようになります。その他桜やスイセン、初夏には花しょうぶ、夏にはカンナ、秋にはコスモスなど、一年を通して季節の花が咲き誇ります。
富山県でも有数の庄川温泉郷は、源泉ごとに泉質が異なり、多彩な湯が楽しめる温泉です。

四季ごとにいろんな景色が楽しめるうえ、海・山・川すべての幸を味わえ、特に鮎料理が有名です。特産品のひとつに江戸の後期から伝わる「大門素麺」があります。細くて長い麺がくるくる丸めてある手延べ素麺で、凍える寒さの中作られます。強いコシとなめらかなのどごしが特徴です。
柔らかく粘りがあって、独特の甘みもある「さといも」も特産品です。田楽やコロッケ、サラダなどが郷土料理として親しまれています。
水が豊富な砺波は、もちろんお米も特産品です。農薬や化学肥料を通常の半分以下で育てた特別栽培米や、富山でしか作られていないという天然海藻や有機肥料で育てたアルギット米などが有名です。

砺波市がおすすめする人気の特産品・返礼品

砺波市のふるさと納税返礼品には、砺波ならではのバラエティに富んだおすすめの特産品がたくさんあります。砺波といえばチューリップ、その球根や切り花、室内で楽しめる水栽培セットもあります。日本で一番の種もみ産地の砺波平野で育ったお米「となみ野コシヒカリ」も化学肥料が通常の半分ということもあり人気があります。積雪季節を乗り越えて育った「雪たまねぎ」もおすすめで、みずみずしくて甘さがあり、カレーや煮込み料理などに最適です。

砺波市のふるさと応援寄附金の使い道

チューリップのまち、砺波市へのふるさと納税寄附金は、「庄川と散居が織りなす花と緑のまち」をテーマに、教育環境の充実、心の豊かな人材の育成、地域力や家庭力の向上、交流や定住の促進など、医療や保険の充実、子育て環境の充実、市民生活の安全性向上、自然環境の活用と保全、生活基盤の充実、農林業や商工業、観光業の振興などに活用され、市が掲げる地域の個性が光る将来像にむけたまちづくりのため活かされています。

富山県 砺波市の返礼品ページ

富山県 砺波市のホームページ
http://www.city.tonami.toyama.jp/info/1300839297.html