富山県 入善町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/03/02

 

富山県 入善町のご紹介

入善町は、富山県の北東部にある町で、日本海に面し、黒部川によってできた扇状地を中心としています。その扇状地の末端部において地下水の湧出している海岸に近いエリアにはスギ林が発達しており、「沢スギ」と呼ばれ、成長した木の枝が雪により重みで地表に着地したことで、根が出て、一株から何本もの幹が伸びる「伏条現象」となっているのが特徴です。平地の湧水地帯に生育をする唯一のスギ林として珍しいことから、国指定天然記念物に指定されています。湧水も全国名水百選に選ばれるほどの清らかで豊かな水です。地域の人や入善の文化に触れられる「舟見七夕まつり」や「墓ノ木タイマツ祭り」などがあり、毎年にぎわいます。町内には北陸の伝統的な生活文化にふれられたり、ます寿司づくりができたりする体験スポットもあり、観光スポットとして人気です。特産品にはチューリップがあります。花の季節には残雪の山並みを背景にみられる「フラワーロード」に大勢の観光客が訪れます。また、ラグビーボールのようなユニークな形の「入善ジャンボ西瓜」も有名です。入善沖でくみ上げられる海洋深層水を活用して育てられた「入善深層水アワビ」も特産品で、小ぶりながら肉厚でやわらかく、価格は手ごろながら天然物に匹敵するおいしさと評判です。大正15年から続く老舗の丸善醤油では、入善産のお米と大豆、黒部川扇状地の伏流水を使って仕込む味噌が、地場産品として有名です。また、地元の大豆で作る豆腐も地場産品で、古くから創業している豆腐店があります。

入善町がおすすめする人気の特産品・返礼品

入善町のふるさと納税返礼品には、特産品をふくめたさまざまな品があります。おすすめは、入善の海洋深層水で育ったあわびや殻付き牡蠣です。ミネラルたっぷりでおいしさが凝縮されています。同じく深層水で仕込まれた味噌「まめなみそ」も昔からの味として地元でも親しまれています。名水百選に選ばれた天然水で育てられたお米「コシヒカリ」も人気があります。町特産のチューリップの球根や切り花、地元のさつまいもを使用した焼酎などもあります。

入善町のふるさと応援寄附金の使い道

入善町にふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、総合計画「自助、共助、公助の地域づくり」をもとに、町に水と幸せがあふれるまちとなるよう、豊かな水や緑を保全し未来へつなげるまちづくり事業、地域資源を活かし、魅力あるまちづくり事業、安心して快適に暮らせるまちづくり事業、健康に生涯を過ごせるまちづくり事業、文化を守り豊かな心を育てるまちづくり事業、町民と行政が支えあうまちづくり事業などに活用されています。

富山県 入善町の返礼品ページ

富山県 入善町のホームページ
https://www.town.nyuzen.toyama.jp/hisho/chose/kifu/furusato/index.html