鳥取県 米子市のふるさと納税のご紹介

 

鳥取県 米子市のご紹介

山陰地方を代表する都市である米子市は、鳥取県の西部に位置しています。江戸時代には米子城が築城され城下町、そして商業地として栄えてきました。鳥取県と島根県の中間地点に立地している関係上、民間企業の拠点や大学病院、放送局などの公共機関が集中しています。

交通アクセスも、JR山陰本線を含めた路線が充実しており、高速道路も山陰自動車道と米子自動車道があり他の都市とのアクセスが大変良好です。加えて米子空港や境港があり山陰地方の交通拠点となっています。

気候面は日本海側ですが年平均気温は15度と比較的暖かく過ごしやすい地域であり、春から秋シーズンは天気の良い日が多い反面、冬は曇りや雪に見舞われます。人口密度が山陰最大の米子市は、現在の人口は14万9千人で、ここ数年増え続けています。

米子の特産物は、まず冬の日本海を代表する松葉ガニがとても有名です。また、境港の新鮮な鮮魚や夏の岩がきは多くの観光客の人気となっています。その他、豊かな自然が育てる弓ヶ浜の白ねぎや二十世紀梨、大山の鶏、鳥取和牛があります。

米子市は観光地としても有名であり、弓ヶ浜の皆生海岸に面した温泉地で山陰最大級の皆生温泉は、山陰の熱海と称されており年間約50万人の観光客が訪れます。加えて、国立公園大山が自然を提供しシーズンを通じてスポーツやレジャーに親しめる観光リゾートです。近年、全日本トライアスロン大会などイベント行事が盛んに開催されており、一層の賑わいが創出されています。

米子市がおすすめする人気の特産品・返礼品

米子市の有名な特産品は、冬の味覚の代表格である松葉ガニです。全国レベルの人気ある特産品です。また、境港に水揚げされた鮮魚、干物や弓ヶ浜の白ねぎは大変おすすめの逸品です。返礼品の人気アイテムは、鳥取和牛や大山豚のお肉セット、のどぐろの一夜干しや各種干物セットです。また、有名な大山ハムや大山とり鍋セットも好評です。返礼品の中には物品以外に、米子市民体験パックという企画品があり市内の文化施設や公園等の利用券が届けられます。

米子市のふるさと応援寄附金の使い道

鳥取県の米子市にふるさと納税として寄せられたふるさと応援寄附金の使いみちは、主に子供の育成関連と地域の活性化や自然管理などに充当されています。事例として、老朽化した路線バスの新規車両導入や幼稚園の通園バス改修があります。次に、次世代を担う子供教育の一遺として図書館に新刊や人気書籍の購入です。そして学校教育のICT対応としてパソコンの導入を実施しています。最後に自然管理として公園施設の整備、改修等が挙げられます。

鳥取県 米子市の返礼品ページ

鳥取県 米子市のホームページ
http://yonago.tax-furusato.jp/

SNSでもご購読できます。