鳥取県 鳥取市のふるさと納税のご紹介

鳥取県 鳥取市のご紹介

鳥取市は中国地方の日本海に面した鳥取県の都市です。
人口は約190千人で、県庁所在地としては山梨県甲府市に次いで少ない都市です。
交通面では鳥取砂丘コナン空港と羽田間の航空便があり約一時間半で結んでいます。
鉄道ではJR山陰本線が基幹線となりますがローカル線はあまり電化が進んでいません。

市街地は鳥取平野を中心に展開しており日本海沿岸には鳥取砂丘があります。
砂丘ではらっきょうが栽培され秋には紫の花を咲かせこれが鳥取市の花となっています。

春から秋までは好天の日が多いのですが、日本海側気候であり海からやや内陸寄りに都市が広がっているため冬は豪雪となります。
観光スポットとして山陰海岸国立公園で天然記念物の鳥取砂丘が代表的ですが、その他にも日本最大の池である湖山池、鳥取平野南部の因幡三山(いなばさんざん)、白兎神社(はくと じんじゃ)、落差80メートルの千丈滝がある三滝渓(みたきけい)、日本の滝100選の一つである雨滝(あめだき)などがあります。

鳥取県は自然に恵まれ、梨を代表とする果物、松葉蟹など、海の幸や山の幸が豊富です。
海岸部では砂地農業による砂丘らっきょうが特産品として有名です。
このほか地元の味として全国の和牛ブランドの始祖となった因幡和牛の肉、400年以上の栽培の歴史を持つ因幡生姜、牛ホルモン入りの焼きそば「ホルそば」、豆腐ちくわやあごちくわなどのちくわ類も名産といえます。

また鳥取の代表的なお酒としては、幻の米と言われる「強力米」を使った地酒があります。
魚介類では地元でしか味わえないモサエビ、脂の乗ったしろはた、夏が旬の岩牡蠣などがあります。

鳥取市がおすすめする人気の特産品・返礼品

鳥取の特産品は果物では「二十世紀梨」で鳥取県が一大産地です。
青梨の代表品種で整った球形をしており果皮は薄く、みずみずしく多汁で上品な甘さが特徴です。
返礼品として最も人気がありおすすめですが、旬の時節の9~11月以外は品切れとなる場合があります。
さらに冬場になれば鳥取を代表する「松葉がに」もおすすめです。
身がぎっしり詰まりミソも美味しく旨味十分です。
ほかにも大人気のジェラート(氷菓)があります。
折々の旬の野菜や果物をベースにクリームなどの素材をミックスした鳥取風の独特な手作りシャーベットです。

鳥取市のふるさと応援寄附金の使い道

鳥取市は次のような事業に寄付金を役立てています。

1.地域の福祉、子育て支援、障害者高齢者支援など福祉関連事業
2.教育先進都市を目指し地域に開かれた学校づくり、体験学習の推進、不登校問題解消などへの各支援事業
3.健全な青少年の育成事業
4.伝統文化や歴史的資源の継承保存、芸術家の発掘などの文化振興事業
5.地域コミュニティーの活動支援によって住民の安全で安心な生活を保つ為の地域振興事業
6.鳥取砂丘の保全と観光活性化事業

鳥取県 鳥取市の返礼品ページ

鳥取県 鳥取市のホームページ
http://www.city.tottori.lg.jp