鳥取県 日南町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

鳥取県 日南町のご紹介

中国山地のほぼ中央に位置している日南町は、南は岡山、南西部は広島、西は島根と3県に接しています。鳥取県の10分の1を占める面積の9割が南部の中国山地の1000m級の豊かな森林が占め、町の中央には県の3大河川の一つの日野川が流れ、この河川の流域を中心に田園が広がる雄大な自然景観に恵まれた農林業と観光の町です。

観光スポットとしては、神話「ヤマタノオロチ」で知られ、春には一面のカタクリの花が登山客を歓迎してくれる「船通山」。怪石と奇岩が連なり、岩石と水流と樹木のバランスが素晴らしく、奥日野県立自然公園景勝地と知られる「石霞渓」。サクラクレパスの創始者佐竹林蔵氏のコレクションの展示してある「日南町美術館」。松本清張の父の生まれ故郷日南矢戸にある「松本清張文学碑」。世界的な文豪として知られる「井上靖記念館・野分の館」。6月下旬から7月の上旬には福万来でゲンジボタル、ヒメボタルの光で山が点滅する幻想的なシーンが鑑賞出来ます。神話に彩られる聖なる滝の「聖滝」、南北12㎞にわたり四季折々に美しい姿を見せてくれる「石霞渓」、直径70~80㎝もある地層中にできた塊(ノジュール)が砂岩層から突き出るようにいくつも並んでいて、地元の人には「目玉石」と呼ばれている「ノジュール郡」など、自然、文学と多岐に渡って観光スポットがあります。

特産品ではやはり農作物が中心で、米の名産地として名高い魚沼産に引けを取らない美味しい「日南高原米」、中海で採れた海藻を肥料に使用して作られた特別栽培米「美里」、旨みたっぷり冷めてもツヤのある素肌美人の「日野川源流精米こしひかり」、があります。
もう一つ日南ブランドの代表とも言えるのがトマトです。一口かじるとまるでフルーツのような甘味が口全体に広がり、一度口にして以来忘れられず、わざわざ他県から直接買い付けに来る人がいるほどです。その他にも伐採した丸太を利用して原木栽培で作られる椎茸、朝晩の寒暖差で甘味や旨味が凝縮された野菜や果物等があります。

日南町がおすすめする人気の特産品・返礼品

日南町のふるさと納税の返礼品は、農作物を中心に選ぶことができ、日南の特産品を知るにはまずお米からと言われるほどの日南高原米、美里、日野川源流精米こしひかり、甘味・旨味が凝縮されたトマト、リンゴなどの野菜果物、また珍しい物では、自然薯を練りこみ甘さを控えめのしっとりしたバームクーヘン、自然薯むかごのジャムがあります。他にも日南の自慢の美味しい物を集めてセットにした田舎の味セットも一度でいろんな味が楽しめると人気です。また豊富な伏流水をボトリングしたまめな水、木と言う素材の温もりと美しい木目が織りなす様々な文様のリズムが楽しめる寄木細工もおすすめです。

日南町のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金の内訳は、子育て支援策(平成20年に子育て基金を創設しこどもゆめ基金への積立)、0歳児預かり保育事業の実施、小・中学生医療費助成事業、妊婦健診費用助成事業、子育て地域活動団体の助成事業など実施、その他には、図書の充実(町立図書館の充実として図書の購入)、夜間における防犯防止と通行の安全を図るためのLED防犯灯設置補助金、その他産業を含めた地域振興(農林事業等の振興)、指定のない場合は町長にお任せとして日南のまちつくりに活用されます。

鳥取県 日南町の返礼品ページ

鳥取県 日南町のホームページ
http://www.town.nichinan.tottori.jp/p/1/15/4/19/

SNSでもご購読できます。