鳥取県 南部町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

鳥取県 南部町のご紹介

南部町は、鳥取県の西部に位置している都市で、約1万1000人の住民がいます。平成16年に西伯郡会見町と西伯郡西伯町が合併して誕生しました。古墳密集地域として有名で古事に由来する史跡や土地が多くみることができます。

子育てのしやすい町を目指しており、小学校3年生までの子供が風邪を引いて保育園や学校に行けないときに無料で預けることができる施設や、保育園や幼稚園に通園する世帯にガソリンの補助を行ったり、お祝い金を出したりと子育て世帯に嬉しい取り組みが行われています。

観光地としては、「鳥取県立フラワーパークとっとり花回廊」は、国内最大級のフラワーパークで四季折々の花を愛でることができていつ行っても綺麗な花をみることができます。「赤猪岩神社」は、大国主命の再生神話の舞台となったところで大国主命が兄神たちに騙されて真っ赤に焼いた岩に潰されて命を落とした場所です。それを悲しんだ母神と2人の女神によって生き返ったと言われています。

自然豊かな場所で育てられた作物は絶品で、全国的に有名な「合鴨米」や、フルーツで有名なのは「富有柿」です。富有柿は、サイズも大きく味も美味しく、1度食べたら忘れられないほど絶品の柿です。「いちじく」も美味しいです。ほんのりとした甘みに酸味が絶妙にマッチしています。ハウスで丁寧に作られていて美容の効果もある果物です。そのいちじくを生かして作られた「いちじくジャム」は、あっさりとした甘みにさわやかな酸味が美味しく、ヨーグルトでもパンでも合う美味しさです。

南部町がおすすめする人気の特産品・返礼品

鳥取県南部町の返礼品のおすすめは、豊かな自然が育んだ絶品の特産品たちです。「里地・里山のめぐみ」は、れんげやアカシアなどの花から取れたハチミツでミネラルがたっぷりで純粋なハチミツを味わうことができます。若い健康に気を使うオーガニックが好きな人におすすめなのが「南部町のフルーツグラノーラセット」です。南部町で育った果物を使っていて、柿、いちじく、梨の3種類のグラノーラのセットです。それぞれにオーツ麦やナッツが入っていて健康に良い一品です。大人気なのは「いちじく」で、ハウスで丁寧に育てられたいちじくは、ほどよい甘みと酸味のバランスが絶妙です。

南部町のふるさと応援寄附金の使い道

鳥取県南部町へのふるさと納税寄附金は、町民や町の活性化のために役立っています。さくらの綺麗な景観を保全する事業、古代神話を守ること、スポーツ振興を通じて町作りを行うこと、サンショウウオなどの希少生物の保全、教育や文化の伝承、保健、福祉、医療環境などを充実させて町民が住みやすい都市にする活動、住民自治と地域のコミュニケーションを行う活動、ほかにもさまざまな活動の目的の達成のために町長が寄附金を振り分け活用されます。

鳥取県 南部町の返礼品ページ

鳥取県 南部町のホームページ
http://www.town.nanbu.tottori.jp/p/admin/soumuka/23/