鳥取県 琴浦町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

鳥取県 琴浦町のご紹介

琴浦町は、鳥取県のほぼ中央に位置していて、人口は1万9000人です。日本の滝百選に選ばれた「大山滝」や「天皇水」という後醍醐天皇とゆかりの深い水などがあり、その水で作られた地酒は絶品です。ほかにも自然も豊かでお菓子、乳製品、梨、肉など美味しいものがたくさんある都市です。

「大山滝」は、落差28メートルの滝で遊歩道が整備されていて片道45分のハイキングコースがあり、老若男女家族みんなで訪れることができるため多くの観光客でにぎわいます。「大山乳業農業組合」は、大山牧場の有名でバニラアイス「白バラ」の製造工程の見学をすることができます。見学したあとは、直売店でお土産を購入することができるのです。
ほかにも南北朝の動乱の舞台となった「船上山」や国の指定天然記念物「伯耆の大シイ」など歴史的建造物もある町です。

名産品も美味しいものがたくさんあり、「二十世紀梨」は、水はけのよい赤土で育てられてみずみずしい甘さが特徴です。「調宝」は、長年かけて研究して作り上げたダシ醤油です。料理の仕上げの味として使用するといつのも料理がぐっと美味しくなります。地域のブランド牛「東伯和牛」は、霜降りがほどよく付いたお肉で旨みや風味を引き出すオレイン酸をたっぷりと含んでいます。育てるときにオリジナルの飼料を与えていているので肉質のよい和牛が誕生するのです。海の幸も豊富に獲ることができて「アゴ(飛び魚)」は、鳥取県内でも水揚げ量が1位の町なのです。

琴浦町がおすすめする人気の特産品・返礼品

鳥取県琴浦町は日本海に面しており、「松葉ガニ」は絶品です。冬の特産品の代表で濃厚な旨みや甘みを感じることができてかに味噌も一度食したい一品です。果物では「愛宕」がおすすめで、果肉はシャキシャキとした食感を楽しむことができ、果汁もたくさんでみずみずしい甘さがあります。ネットをかけて落下しないように丁寧に作られている梨です。「東伯和牛」は、豊かな自然の中でオリジナルの飼料で育てられた和牛で、美味しさはもちもんのこと、お肉を焼いたときの匂いも美味しいと定評のあるお肉です。

琴浦町のふるさと応援寄附金の使い道

琴浦町に寄せられたふるさと納税の寄附金は、主に4つの事業で活用されます。
1、豊かな自然環境を守る事業 2、次世代の子供たちのために使う事業 3、高齢者が安心して暮らせるようにする事業 4、地域の活性化に活かす事業です。最近では、船上山万本桜公園復活事業に活用されました。平成26年と平成27年にさくらを植樹して空に向かってぐんぐんと成長しています。

鳥取県 琴浦町の返礼品ページ

鳥取県 琴浦町のホームページ
http://www.kotoura-furusato.jp/