東京都 国立市のふるさと納税のご紹介

東京都 国立市のご紹介

東京都の多摩地域にある国立市は、人口約75,000人です。北部にはJR中央本線、中央部から南寄りを甲州街道とJR南武線が通ります。中央線国立駅から南武線谷保駅までの通称:大学通りが通っており、新旧の中心街を結びます。南武線沿いの河岸段丘の段丘崖の上には住宅地があり、下は農耕地でしたが、近年は宅地開発の進捗で、段丘崖の下にも住宅が増加しています。国立市内には、JR中央線の「国立駅」と南武線の「谷保駅」「矢川駅」と3つの駅があり、アクセスが大変便利です。交流都市、姉妹都市ではありませんが、2017年時点で秋田県の北秋田市(旧合川町)との間で児童交流があります。イタリアのルッカには、国立市の桜の子孫たちが植樹されています。名所の旧跡が将来の交流候補地として挙がっています。特産品は、くにたちワイン日本酒(谷保の粋)、純米酒は、種もみを谷保天満宮でお祓いして醸造しています。そしてほうれん草うどんがあります。観光地は、谷保天満宮、国の登録有形文化財の一橋大学兼松講堂は、昭和2年に竣工のロマネスク風建築で建てられました。国の登録有形文化財である、昭和3年に竣工した知的障害者施設の「滝乃川学園本館」は、日本最古です。そして、国立駅から南にまっすぐに伸びる大学通りは新東京百景に選ばれていて、春には、その両脇植えられている約160本の桜が艶やかに彩ります。大学通りの桜の開花時に合せてライトアップが行なわれます。明かりに照らし出された、幻想的な雰囲気の夜桜も楽しむことが出来ます。

国立市がおすすめする人気の特産品・返礼品

人気の返礼品「ベストシャンプー10傑に選ばれたダメージヘアケアセット」は、市内の美容室「七ッ星+」が開発、雑誌の「ベストシャンプー10傑」にも選出されました。ダメージケアシャンプーとトリートメントのセットは、低刺激かつ良質なアミノ酸洗浄成分が配合されていて施術でも使用しています。真珠由来エキスやハチミツを贅沢に配合していて、仕上がりがしっとり&なめらかになります。おすすめの「白十字焼き菓子詰め合わせ」は、小松菜・ほうれん草などの特産品は国立をイメージして作りました。

国立市のふるさと応援寄附金の使い道

東京都国立市へふるさと納税で頂いた皆様の寄付は、市外の人たちが訪れてみたいと思う街、そして住む人たちがずっと住み続けたいと思う、そのような魅力的なまちにするための一助として国立市のふるさとづくりの為、以下の事業から使途を選択して頂きます。1旧国立駅舎再築のための事業。2.谷保の原風景保全のため事業。3.子育て・教育・福祉のための事業。4.文化・産業・まちづくりのための事業。5.国立市を応援するための事業などふるさと創生基金に積み立てをし、有効活用させて頂いております。

東京都 国立市の返礼品ページ

東京都 国立市のホームページ
http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/shisei/unei/kifu/index.html