東京都 神津島村のふるさと納税のご紹介

 

東京都 神津島村のご紹介

神津島村は、東京都の伊豆諸島に中にあり、東京都神津島が正式名所で郡には所属していません。島の中では村営バスが運行されています。島の外とのアクセスは東海汽船と新進汽船で東京と横浜と下田とのルートがあります。1992年に開港した新中央航空で調布飛行場と神津島空港が一日に3便か4便アクセスしています。神津島に行くには、船と飛行機しか交通手段がないので天候には注意してください。人口は約1800人、世帯数は約900世帯で、富士箱根伊豆国立公園に属しています。漁業と観光業が主な産業で、島焼酎の生産が盛んで「盛若」は人気があります。魚釣り客やトレッキング客に収容人数が10人から20人の民宿が営業しており、アットホームな雰囲気の中で過ごすことができます。旅館やホテル、ペンションも営業しています。海辺には赤崎遊歩道がありこの周辺は入り江になっているので穏やかな海で海水浴もできます。色鮮やかな熱帯魚と泳ぐこともできます。神津島の中央にある天上山は新東京百景、花の百名山、新日本百名山に選ばれるほどの景観のすばらしさがあります。神津島に行ったらぜひ行って見てほしいところです。そして島の博物館や島の女性たちが運営する海産物加工販売所やレストランもあるので島の味を味わってみてください。ヨットやクルーザーを留めることもでき、またダイビングやサーフィンもできます。島の中の移動はレンタバイクとサンタサイクルが便利です。

神津島村がおすすめする人気の特産品・返礼品

寄付金5000円以上で、季節によっては変わりますがキンメダイや伊勢海老などの海産物、岩ノリ干物などの乾物、神津島村産の盛若を用意しています。これらは神津島村の特産品で人気があります。金額に応じてこれらの返礼品を組み合わせることも可能です。おすすめである盛若は天上山からの天然水で作られ、樫樽で熟成させた麦焼酎です。うっすらと琥珀色であり、上品でまろやかな口当たりです。この焼酎は購入することもできます。

神津島村のふるさと応援寄附金の使い道

東京都神津島村に寄付していただいた寄付金は、まちづくり全般、福祉事業、生活環境事業、防災対策事業、産業振興事業、教育環境事業などに使うことになっています。ふるさと納税は島外に住んでいる家族や神津島村出身者が島を応援したいという気持ちを具体的したものです。領収書を発行するので確定申告に使ってください。所得税や住民税が考慮されます。ワンストップ特例も使うことができます。申し込みや質問は村役場企画財政課税務係までお願いします。

東京都 神津島村の返礼品ページ

東京都 神津島村のホームページ
http://vill.kouzushima.tokyo.jp/blog/cat4/

SNSでもご購読できます。