東京都 狛江市のふるさと納税のご紹介

 

東京都 狛江市のご紹介

東京都の狛江市は、とても豊かな自然に囲まれた多摩地区の東部にあり、多摩川沿岸に位置しています。多摩川を中心とした自然環境が影響し昔から農産物の生産が盛んな地域であり、今では野菜栽培が核となりブランド化され展開しています。1970年代以降、急激な高度成長期の中、東京都の発展と並行し狛江市も居住人口が急速に拡大、住宅地の多い街として形成されました。結果、都内中心部のベッドタウン的な位置付けとなりオフィスや工場等の企業施設は少ない地域となっています。従って、都全体の中で最も面積の狭い行政地区です。

現状の人口は約8万人、自然環境と住みやすい暮らしの環境がバランス良く整った点が特徴です。交通アクセスは私鉄やバスが運行され、電車で都心まで約20分というアクセスの良さを誇っています。しかし、車の移動では高速道路インターや有料道路等はなく一般幹線道路の利用となります。

地域の観光面は、多摩川がもたらす景観や自然が人気となっており、多摩川沿岸を巡る散策は晴天時、遠望が利き富士山も観られるスポットもあります。また、歴史を感じさせる神社仏閣や古墳等の史跡も数多く存在しています。地域イベントでも街のシンボルである多摩川を中心に開催され、いかだレースや桜シーズンの祭りには地元の方を含め多くの方が訪れています。
特産品であるほおずきが有名であり、狛江ほおずき夏祭りは人気の催しとなっています。その他、特産の枝豆を使った商品開発を積極的に推進しており、枝豆発泡酒や枝豆羊羹、アイスなどが話題となっています。

狛江市がおすすめする人気の特産品・返礼品

東京都の狛江市の特産品は、狛江ブランド野菜として栽培している枝豆やトマト、小松菜等の安心で安全な生産体制で管理された農産品です。また、地場産のほおずきも有名です。ふるさと納税寄附金に対する返礼品のおすすめは、やはり地元で栽培収穫された狛江ブランド野菜の詰合せセットとなります。また、野菜の収穫が体験できる狛江野菜の収穫体験チケットがとても人気です。その他、狛江の銘菓が詰め合わせお菓子セットも提供されています。

狛江市のふるさと応援寄附金の使い道

東京都の狛江市にふるさと納税で寄せられた寄附金の使いみちは、地震や豪雨等の災害に強く安心して暮らせるまちづくりから幅広い年代層の市民の健康促進、中でも糖尿病や高血圧をはじめとした生活習慣病の予防取組みに活用されます。また、環境経済面では多摩川を中心とした豊かな自然の保護と公共施設の維持改修、地場産業である農業の活性化に繋ぐべく、狛江ブランド野菜の更なる発展を狙いとした経営支援などに活用されています。

東京都 狛江市の返礼品ページ

東京都 狛江市のホームページ
http://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/41,0,317,2020,html

SNSでもご購読できます。