東京都 国分寺市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

東京都 国分寺市のご紹介

国分寺市は、東京都の多摩地域で中央部に位置する市で、人口は約121万5千人です。東部は小金井市、南部は府中市と国立市、西部は立川市、北部は小平市に隣接しています。市域の大半は武蔵野段丘上の平たん地です。市内はJR中央線、武蔵野線、西武国分寺線、多摩湖線が縦横に走っており、その中でも国分寺駅は多摩地域内の交通の要衝といえます。首都近郊にあり、武蔵野の面影を多く残す住宅都市です。また緑と水に彩られている文化都市として、著しく飛躍しています。公園に池、そして名水など市の天然記念物に指定されているところもあります。例えばお鷹の道・真姿の池湧水群は848年、重い病気に苦しむ絶世の美女であった玉造小町が「池で身を清めよ」という霊示を受けたことで快癒しました。それが「真姿の池」と言われています。そして湧水群の清流沿いは江戸の時代のお鷹場に由来している「お鷹の道」で、カラーの花が沢山咲き、昔ながらの風情が残っている遊歩道です。そして寺や寺跡、銅碑に塔や史跡などで国、または市の重要文化財に指定されているものも沢山あります。その中でも武蔵国分僧寺跡は奈良時代中期にかの聖武天皇が鎮護国家の思いを祈念し、各地に建立した仏教寺院であり、武蔵国分寺はその寺院の中でも最大級の規模を誇っており、隣接していた国府の現在の府中市とともに、武蔵国の政治と文化の中心地として栄えていましたが、鎌倉時代末期「分倍河原の戦い」で焼失してしまいした。現在では史跡として整備中となっています。また1955年、国分寺市では日本で初めてのペンシルロケット発射実験が実行されました。このことで「日本の宇宙開発発祥の地」だと言われています。

国分寺市がおすすめする人気の特産品・返礼品

国分寺市がおすすめする返礼品は「宇宙開発の発祥の地」言われているので、ペンシルロケットのレプリカや天体望遠鏡、星見双眼鏡などです。また園芸品もあり、特にクリスマスに飾るポインセチアなどは人気の品です。そして国分寺で収穫された野菜やブルーベリーの加工食品もあります。市内では季節によって様々な種類の野菜が生産されており、四季折々の旬野菜は農家で丁寧に育てられたものばかりです。そして姉妹都市である佐渡市の特産品である紅ずわいガニや佐渡産コシヒカリの人気があります。

国分寺市のふるさと応援寄附金の使い道

国分寺市の応援寄付金は平成19年に策定された「第四次国分寺市長期総合計画」を基本に、市がもつ特性と地域の資源を活用しつつ魅力を高める事業を行っています。1.使途を指定しない2.自然環境の保全に関する事業3.自然環境の保護事業4.子育て福祉分野の充実に関する事業5.高齢者福祉分野の充実に関する事業6.障害者福祉分野の充実に関する事業7.教育設備充実に関する事業8.社会教育の充実に関する事業9.歴史遺産の保存と活用事業10.国分寺市の郷土博物館建設基金11.その他の市が実施する事業など、11の事業から寄付者が選択することができます。

東京都 国分寺市の返礼品ページ

東京都 国分寺市のホームページ
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/shisei/zaisei/1010497/index.html