東京都 清瀬市のふるさと納税のご紹介

東京都 清瀬市のご紹介

清瀬市は、東京都の多摩地域で都内北東部に位置し、人口は約7万6千人の市です。東京都から、埼玉県新座市と所沢市間に北へ突き出ています。西側の所沢市は柳瀬川で、南側の東久留米市は野火止の用水を境にして並んでいます。市内は金山緑地公園といった緑地が多く、緑地面積が市内の約46%を占めています。また農地が市内の4割を占めます。平成14年に市内農地の87%が生産緑地に指定もされています。にんじんやほうれん草といった野菜が栽培の中心です。特に黒土が深いため、根菜類が多く栽培されていて、にんじんは都内出荷額の5割を占めています。そこで、にんじんを活用したにんじん焼酎やにんじんジャムなどが市内で販売されています。更に酪農も盛んであり、清瀬市役所付近に集中的に立地しています。最近まで小さな農協のJA第一清瀬は広域合併しないで残っていました。2004年JA第一清瀬はJA東京みらいと合併しています。また戦前までは結核患者の療養地といった背景を持ち、財団法人結核予防会複十字病院や国立病院機構東京病院などの大規模な病院が市の南西部に集中しています。結核療養所を初めとした高度研究機関が整備されていて、市内外の人だけでなく、動植物を由来とする研究施設も市の南部に集まっています。そのため同市は「医療の街」として有名です。市内の名所は市の指定有形文化財である日枝神社の本殿、不動明王立像や三猿の石灯ろう、そして市が制定した天然記念物の樹齢四百年の杉の古木といった文化遺産に包まれている境内は静かで厳かな雰囲気を持っています。

清瀬市がおすすめする人気の特産品・返礼品

清瀬市の返礼品のおすすめは特産品のにんじんを使った加工品です。たとえば人気のにんじんジュースは、カロテン含有量が多い機能性品種のベータキャロットを熟した状態で収穫して加工したジュースでジャムとのセットもあります。同じくベータキャロットから抽出したエキスを配合したにんじんスキンケア商品があり、しっとりとしてなめらかな使い心地になるよう仕上げたスキンケア化粧品です。また匠シリーズの中村太市匠店で作られたおひつやトレイは清瀬市で40年以上もの間製作・販売されているもので、すべて店主の手作りで1点ものです。

清瀬市のふるさと応援寄附金の使い道

清瀬市の応援寄付金は以下の9つの事業から指定することができます。1.緑地環境の保全と創造に関する取り組み2.農産物の特産化や農業の振興に関する取り組み3.子育てへの支援に関す取り組み4.学校教育と生涯学習、その人材育成への取り組み5.温暖化防止策などの環境への取り組み6.街路や公園への草花等の植栽と椅子の設置への取り組み7.高齢者生活支援と地域づくりへの取り組み8.結核医療や清瀬の歴史広報等に関する取り組み9.その他の市長が必要と認めている事業以上の9つから指定できます。

東京都 清瀬市の返礼品ページ

東京都 清瀬市のホームページ
http://www.city.kiyose.lg.jp/s005/010/010/010/010/20160203132459.html