東京都 稲城市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/23

東京都 稲城市のご紹介

稲城市は東京都の多摩地域南部に位置し、南側にはなだらかな多摩丘陵が広がり、市の中央部には三沢川が流れる豊かな緑に囲まれた市です。東南部から西部にかけて神奈川県川崎市、北部は多摩川をへだてて府中市、調布市、西部は多摩市に接しており、東京都心から約25kmと比較的アクセスが便利な高立地であることから、1970年以降は急速に人口が増加し、都市として発展しました。最近ではサッカーJリーグ・東京ヴェルディのホームタウンとしても注目を浴びています。市の西側は多摩ニュータウンの東端となり、早くから開発されてきましたが、北東側には南武線、川崎街道や南多摩尾根幹線、京王相模原線が横断し、急速に宅地開発が進む一方、森林も多く残っており、都心に近いにもかかわらず野生動物が姿を見せています。稲城市のある地域の歴史は古く、縄文時代の遺跡が確認されています。史跡も多く、東京の名湧水57選にも選ばれている湧水が湧き出る「穴澤天神社」や水神を奉る「青渭神社」が有名です。また、観光レジャー施設の「よみうりランド」、「よみうりカントリークラブ」からも近いので、休日ともなると周辺は多くの人で賑わいます。稲城市は元々農業が盛んに行われ、以前は市の名前の由来にもなっている程、水稲栽培中心でしたが、水田の大半が宅地化された為、現在は野菜や果物の生産が主流になりました。特に梨は市を代表する特産品であり、「多摩川梨」として全国に知られています。

稲城市がおすすめする人気の特産品・返礼品

東京都稲毛市の返礼品は市の特産品である「梨」を原材料とした「稲城で生まれた梨ジュース」がおすすめです。ストレート100%にこだわり、濃縮された果汁のさわやかな喉ごしが小さなお子さんからご年配の方まで喜ばれています。また、同じ「梨」を使った加工品として「稲城の梨ワイン」も人気です。こちらは直販され市場にほとんど出回らない幻の品種「稲城」から誕生したフルーティーな味わいのワインで、贈答品にも好評を得ています。

稲城市のふるさと応援寄附金の使い道

東京都稲毛市では皆様に頂いた返礼品の寄付金をよりよいまちづくりの為、ふるさと積立金の中から以下3つの事業に使用させていただきます。「たべる・みる・あそぶ」をキーワードとし、未来のまちを支える子ども達を育む為の教育・スポーツ・生涯学習関連事業や地域資源を活かした観光事業、またはガンダムなどで知られる大河原邦男氏のモニュメント設置など都稲毛市の観光推進事業の応援等に役立てます。また、特に指定は無く、市全体の為の事業にも有効活用させていただきます。

東京都 稲城市の返礼品ページ

東京都 稲城市のホームページ
http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/furusatonouzei/furusatonouzei.html