徳島県 徳島市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

徳島県 徳島市のご紹介

徳島市は、四国北東部、徳島県の東部に位置する徳島県の県庁所在地で県の政治・経済・文化の中心都市です。東側が紀淡海峡に面しており、四国一の流域面積を誇る吉野川の河口に発展し、中核的都市として人口約26万人を擁します。交通の要所でもあり、神戸・鳴門間を結ぶ神戸淡路鳴門自動車道と徳島自動車道の結節点で、空の便は東京と福岡から徳島空港への直通便があり、この空港から市内の徳島駅まではバスで30分程です。その他に、東京、北九州、和歌山から市内の徳島新ターミナルへフェリーが出ています。

江戸時代には徳島藩の城下町として栄えました。徳島城は蜂須賀正勝が豊臣秀吉の四国征伐に従軍した際の功績により阿波国が与えられ、正勝の子、蜂須賀家政が築きました。現在は、城跡を徳島公園として開放しており、石垣や堀から歴史を感じることができます。庭園もとても広く自然豊かでゆったりと楽しめる散策や観光スポットとしても人気です。

幕末から栄えた藍産業は、現在でも徳島市の特産品として代表するもので、藍染の原料となる「すくも」の屈指の産地でもあり、古くから高い品質は「阿波藍」や「正藍」として他のものと区別され、阿波藍が生み出す神秘的な藍色を求める全国の染め職人を支えており、藍染めを体験できる工房や資料館も観光スポットとして人気です。日本の藍染め「JAPANBLUE」とともに世界的に有名なのが、日本三大盆踊りの一つ「阿波踊り」です。今となっては全国各地でも催されていますが、本場、「徳島市阿波おどり」は毎年130万人以上の人が訪れ、観光としても最大級のイベントです。

徳島市がおすすめする人気の特産品・返礼品

徳島市民以外の方の寄附に対し返礼品が贈られます。豊かな自然が育む徳島市の特産品や名物には、すだち、 たらいうどん、竹ちくわ、祖谷そば、阿波尾鶏などがあり、徳島県が認定する「とくしま特選ブランド」の認定品も多く、その品質もお墨付きとあり、ギフトにもおすすめです。食品の他に、藍染め製品などの工芸品や阿波踊りの観覧チケットや参加権もあります。また、アニメとコラボレーションした「阿波おどりポスター」は、メニューに追加されたその日だけで約577万円の寄付金が集まりその人気ぶりに話題を呼びました。シーズンごとにコラボするアニメが変わるので、次回はどのアニメとコラボするのかも注目されています。

徳島市のふるさと応援寄附金の使い道

徳島市に寄せられた寄附金は、「笑顔みちる水都・とくしま」の実現のため、徳島市が実施する事業に活用されます。平成27年からそれぞれの事業名に「応援団」を加えた、ユニークなネーミングの9つの事業から使い道を選ぶことができます。特に、阿波踊り応援団は、徳島市の誇る阿波おどりをはじめとした、観光や文化振興事業全般を応援するもので、寄付件数が多い事業でもあります。その他に、トクシィ応援団、ひょうたん応援団、あわっこ応援団、 いざに備える応援団、とくしまグルメ応援団 、エコな生活応援団、元気いきいき応援団などがあり、水都とくしま応援団は徳島市の市政全般を応援することができます。

徳島県 徳島市の返礼品ページ

徳島県 徳島市のホームページ
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/shisei/furusato/index.html