徳島県 東みよし町のふるさと納税のご紹介

 

徳島県 東みよし町のご紹介

東みよし町は、徳島県に含まれる人口1万4000人の町です。山間部を拠点にし、県の北西部にあたる吉野川中流のエリアを町域としています。この町は、南北に分断するように吉野川が流れ、北側には阿讃山脈がそびえ、南側では四国山地が伸びる地形を持ちます。気候の特徴としては、温暖な傾向を持ちつつも冬季には氷点下を観測する場合もあります。特に山間部では積雪も見られます。夏季には降水量の多さから来る低地の浸水、および土砂災害の報告が上がる例もある地域です。観光名所の加茂の大クスは、樹齢1000年の歴史を持つ国指定の天然記念物です。その美しさは日本一と評されます。美濃田の淵は、天然記念物として県が指定する淵です。長さは2キロメートル、幅100メートルの大きさを誇ります。吉野川中流域で人を惹きつける景勝地であり、川の中にはさまざまな奇岩が点在していることで有名です。奇岩にはそれぞれ獅子岩やウナギ巻岩などの名前もつけられました。淵の一帯は県立自然公園として親しまれ、川沿いには町が運営する美濃田の淵キャンプ村が置かれています。こちらも休日には大勢の家族連れが思い出を作りに訪れます。特産品は、桐下駄や愛宕柿などがあります。桐下駄は町の伝統産業で、明治から昭和中期に至るまで中心産業として多くの業者が生産していました。主要な移動手段は自動車で、国道192号線や徳島自動車道が使われます。いずれも県の主要産業である農業を支える吉野川沿いを走ります。そのため、人だけでなく運搬経路としても重要な道路です。道路だけでなくJR徳島線や高速バスの停留所もあり、近畿地方からもアクセスしやすい位置にあります。車では、大阪から板野IC経由で美馬ICを降りるルートを使うとおよそ3時間で到着します。山陽新幹線と在来線を利用する場合は大阪から2時間半を目安としています。

東みよし町がおすすめする人気の特産品・返礼品

町の独自技術が職人の手を借りて、世界最薄水準までごくうすに加工した木材を「樹の紙セット」としてお届けします。木目の美しさと手触りが自慢の、文具や雑貨です。特産品の桐下駄、「豆下駄・焼きこっぽり」は手のひらに収まる小さな下駄で、お守りとしておすすめの返礼品です。人気のハイウェイオアシス、吉野川ハイウェイオアシスで使える「吉野川オアシスクーポン券」も用意しました。お礼状と、みのだの湯やバンガローなど施設内で利用出来るクーポン券を贈ります。

東みよし町のふるさと応援寄附金の使い道

寄附金の活用事業を6つに分けて用意しました。快適さと安全性を確保するための事業は、環境保全はもちろんインフラの整備や廃棄物処理の衛生管理などを進めています。町民の健康づくりや育児、高齢者および障がい者の支援といった社会保障の向上も寄附先の事業の1つです。学校教育や芸術文化方面の事業、産業や観光など労働者向けの支援や福祉の充実にも目を向けています。積極的な定住化や交流を目指す、町民と行政との協力体制の強化を図るなどにより自立可能都市への成長を推進していきます。

徳島県 東みよし町の返礼品ページ

徳島県 東みよし町のホームページ
https://www.town.higashimiyoshi.lg.jp/docs/526.html

SNSでもご購読できます。