栃木県 大田原市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

栃木県 大田原市のご紹介

栃木県の北東部にある大田原市は、中西部は有数の鮎の漁獲量を誇っている清流那珂川と箒川に囲まれている、那須五峰から広がっている那須野が原の扇状地にあたっており、東部は八溝山系の山並みが美しく連なっています。日本最古の碑となる国宝「那須国造碑」などの多くの史跡があり、古くから住民が生活を行ってきたという長い歴史を持っており、江戸時代から受け継がれた城下町を基盤として現在に至っています。緑と豊かな台地、四季折々の自然に恵まれた環境が整っています。人口は74,593人、JR東北新幹線の利用で首都圏まで約70分、また東北自動車道などの高速道路網も発展しており、首都圏までのアクセスも便利です。自然環境に恵まれているため、農産物の一大生産地となっています。那須野が原が穀倉地帯となっており、水稲は栃木県内第一位の生産量となっています。またウドやナス、ネギ、トマト、キュウリといった野菜やブルーベリーやイチゴ、梨などの果樹も栽培されています。観光名所にも恵まれており、有数の鮎の漁獲量を誇る清流那珂川でのフィッシングや、鮎を食することができる「黒羽観光やな」、八溝山系の主峰である「八溝山」や富士山を望むことができる「御亭山」といった森林、珍しい淡水魚の水族館の「県立なかがわ水族館」、大田原市の特産品や農産物を直売している「道の駅那須与一の郷」もあります。また「雲厳寺」や「大雄寺」など、歴史的遺産にも恵まれています。

大田原市がおすすめする人気の特産品・返礼品

特産品である大田原牛を使用した返礼品が人気となっています。手軽に楽しんでもらえるよう、常温保存が可能な「大田原牛で濃厚レトルトカレー」や、ひき肉を使った「大田原牛100%黒カレー」、「ハンバーグ」、「切り落とし肉」などさまざまな種類が揃っています。おすすめの返礼品は、大田原市が指定した旅行に使うことができる「るるぶトラベルプランに使用できるクーポン」、大田原産の香りが豊かで粘りのある「コシヒカリ」となっています。

大田原市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、厚意に応えるために大田原市の町づくりに有効に活用します。活用方法は10の事業から選ぶことができます。1.子育て支援のための事業、2.青少年の交流のための事業、3.将来を担う人材教育のための事業、4.地域福祉向上のための事業、5.スポーツの町づくりのための事業、6.文化振興のための事業、7.ふるさと景観保全のための事業、8.自然環境保全のための事業、9.結婚支援のための事業、10.そのほかのふるさとづくりのための事業です。

栃木県 大田原市の返礼品ページ

栃木県 大田原市のホームページ
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2013082771674/