栃木県 日光市のふるさと納税のご紹介

 

栃木県 日光市のご紹介

日光市は北関東地方の栃木県北西部にある都市です。人口約8万8千人ですが年を追って漸減しています。山が多く雨量も多いため、水力発電が盛んです。大谷川の水と険しい地形落差の利用によって紡績事業が盛んでしたが、それらの施設が水力発電として再利用され、現在に引き継がれています。

交通アクセスは鉄道が中心でJR東北本線や東武線の各線が関東一円をカバーしています。観光は名所が豊富で「日光を見ず結構と言う勿れ」の格言そのままに、豊かな自然景勝と歴史的建立物などが散在しています。ユネスコの世界遺産に指定されている日光東照宮と日光二荒山(ふたらさん)神社が代表例です。

市内には日光三名瀑の1つとされる裏見滝があり、華厳滝・霜降滝と並び著名です。また都市の公園である日光田母沢御用邸記念公園があります。これは、大正天皇の静養所として造られた旧御用邸の造園や建物を公園として再整備したものです。また日光街道・会津西街道・日光例幣使街道の三つの街道にまたがる日光杉並木は鬱蒼たる杉林を縫う道で散策には最適です。

景勝地としてはこのほか日光の社寺や日光連山(男体山など)、湯滝、戦場ヶ原、湯ノ湖や日光湯元温泉・鬼怒川温泉・川治温泉や怒沼湿原、更には龍王峡、足尾銅山などがあります。
特産品として、ゆばを筆頭に水羊羹、たまり漬け、日光甚五郎煎餅や日光わさび、日光志そまきとうがらしといった食べ物のほか、日光下駄・日光彫りのような手工芸品があります。

日光市がおすすめする人気の特産品・返礼品

日光市の納税返礼品はまず特産品であるゆばのギフトセットがあります。栃木県産の大豆を100%使用し日光の銘水で手作りで仕上げたもので、味付ゆば(大)6個220g、ゆばさし(大)220g、味付きざみゆば150g、サラダゆば80gがセットになっており贈答品としても重宝で人気があります。同じく特産品の羊羹では竹皮包本煉羊羹と塩羊羹が2本セットになった品もおすすめです。このほか日光HIMITSU豚のお肉があります。日光HIMITSU豚は日光の美味しい地下水と栄養豊富な餌で育ちジューシーで柔らかく臭みのないのが特徴でSPF豚とされています。SPF豚とは病気感染もなく健康で清浄な豚を指します。

日光市のふるさと応援寄附金の使い道

日光市は風土や歴史・文化の中で醸成された誇るべき地域資源に富みます。この日光らしさを守りふるさと日光を創造するため以下の事業に活用されます。
1.世界遺産・特別天然記念物などの誇り高い貴重な文化財や文化的資産の保護活用事業、2.日光湿原・鬼怒沼湿原・日光国立公園など多様な自然環境を保護及び保全し有効利用に供する事業、3.多数の訪問客に支えられている観光を更に魅力的なものとする観光振興・発展に関する事業、4.子ども達が日光市をふるさととして愛し、心身共に健全に育ち未来への夢と希望をつなぐことができる施策に関する事業、5.その他市長判断で重要とされる事項に関する事業などが対象です。

栃木県 日光市の返礼品ページ

栃木県 日光市のホームページ
http://www.city.nikko.lg.jp/hisho/gyousei/shisei/kifukin/index.html

SNSでもご購読できます。