栃木県 那珂川町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

栃木県 那珂川町のご紹介

那珂川町は、栃木県の北東部に位置する街で、大田原市や常陸大宮市とも隣接しています。総面積が19278平方キロメートルで県全体の3%を占めています。年間を通じて比較的温暖な気候で生活しやすいですが、人口は穏やかに下降していて、少子高齢化が進行しています。本町に行くには、JR氏家駅からだと氏家駅で下車後に東野バスで「馬頭行き」に乗って、「馬頭役場前」で下車、JR烏山駅からだと、宝積寺駅でJR烏山線に乗り継いで、JR烏山駅で下車後、那珂川町コミュニティバスの山村開発センター行きに乗って那珂川町役場で下車します。観光スポットには、重要文化財と評されている「江都八景」をはじめとする歌川広重の肉筆画や浮世絵版画、川村清雄の作品などが展示されている「馬頭広重美術館」や国指定文化財である那須官衙遺跡、唐の御所などがあります。町の名産品としては、テレビで取り上げられたこともある温泉トラフグが有名です。冬季の温泉排熱を利用して、飼育する水の温度を調整できて、年中高活性に保たれるのでおいしく評判が良いです。町内にある店舗で、揚げ物や鍋物、刺身と様々な調理法で出してくれます。また、八溝山系地域でとれた野生のイノシシのお肉である『八溝シシマル』も有名です。八溝の野山を駆け巡り、おいしい山の幸を食べて育った質の良いイノシシのお肉で、こちらの町内にある店舗で頂くことができます。イベントでは「なかがわ元気フェスタ」という催しが人気で、まほろばの太鼓演奏やヒーローショー、ご当地クイズなど様々な企画で盛り上がります。

那珂川町がおすすめする人気の特産品・返礼品

町のふるさと納税の返礼品には、様々な商品があります。中でもおすすめの返礼品で人気のものは、特産品でもある温泉トラフグのてっさ・てっちりセットです。その他にも同じく特産品である八溝ししまるを焼肉で食べることができるジビエミックスや、とちぎ和牛のステーキなども自宅で手軽に調理して食べることができるのでおすすめです。他に人気の商品としては、季節の野菜や果物が詰まった季節のお取り寄せや、那須の大自然の中で育てられた茶色豚を使用した手造りハムが入ったばとうハム詰合せがあります。

那珂川町のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金の使い道については下記のいくつかの項目より、納税してもらった方に選んで頂く形となります。町づくりや地域の振興に関する事業、子育て支援のための事業や保健福祉の増進、地域福祉の向上に活用したり、教育及び文化スポーツの振興に活用、高等学校以上の生徒や学生の教育費にあてる資金などへの活用、特にこの事業に活用してほしいという項目がない方は、町長にお任せする形となります。現在までに子育て支援の寄付で小川福祉センターに設置された遊具があります。

栃木県 那珂川町の返礼品ページ

栃木県 那珂川町のホームページ
http://www.town.tochigi-nakagawa.lg.jp/07bosyu/boshuu/2009-0316-1517-105.html