静岡県 下田市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

静岡県 下田市のご紹介

静岡県下田市は伊豆半島南部にあります。昔は伊豆国加茂郡と呼ばれていました。静岡県では最も人口が少ない市です。今の人口は約23,000人ですが、人口の減少は止まっていません。過疎地域に2017年3月に認定されました。国道135号、国道136号、国道414号の3国道の起点が下田市にあります。中島橋交差点です。下田市までのアクセスは、伊豆急行の電車で行くことができます。車では伊豆縦貫自動車道で行くことができます。下田は1853年にペリーが黒船を率いてきたことは日本の歴史にあります。その後日本を開国させて、1854年に日米和親条約を締結しました。それらの様子を記した資料などを市民や観光客に見てもらうために開国博物館が作られました。漁業な農業が盛んで、キンメダイの漁獲量が日本一です。農業では柑橘系の生産が盛んです。市内の和食の店ではキンメダイの刺身、すし、煮つけなどを食べることができます。毎年6月にはキンメ祭りが行われます。下田を舞台にした文学や映画がたくさんあります。文学では川端康成の「伊豆の踊子」、西村京太郎の「南伊豆高原殺人事件」などがあり、映画では「男はうらいよ」でも舞台になりました。歌謡曲でも「下田」という言葉がタイトルや歌詞についているものがおおくあります。ダイビングや釣り、サーフィンやシーカヤックなどいろいろなマリンスポーツを楽しむことができます。ショップがあるので道具を購入することもできますし、スクールがあるので初心者でも安心して楽しむことができます。

下田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

漁業が盛んなことから、特産品でもあるキンメダイやアジなどを干物やいろいろなものに加工したものや伊勢海老、サザエなどの魚介類が人気です。温泉旅館の宿泊券があるのもうれしいです。この券を使って下田で海水浴はもちろんマリンスポーツや釣りを堪能することや散策することができます。おいしい魚を食べたいときは下田の返礼品がおすすめです。実際に行くことができなくても返礼品を口にすることで下田に行った気分を味わうことができます。

下田市のふるさと応援寄附金の使い道

下田市ではふるさと納税で納めていただいた寄付金は、社会福祉、教育振興、就学奨励、子育て支援、まちづくり、水資源振興環境保全、防災対策、うみづくりのほかに市長が必要と認めたものに使われます。他の市町村とほとんど同じですが、豊かな山の幸、海の幸、歴史的遺産が今後も失われないように、市民が安心して暮らせるように寄付金を有意義に使います。インターネットで手続きできますが、パソコンが苦手な方は書面でもできるので活用してみてください。

静岡県 下田市の返礼品ページ

静岡県 下田市のホームページ
http://www.city.shimoda.shizuoka.jp/category/080101furusato_kifu/11170.html