静岡県 川根本町のふるさと納税のご紹介

 

静岡県 川根本町のご紹介

川根本町は静岡県中央部の奥大井と呼ばれる山間部にあります。その昔「越すに越されぬ大井川」と東海道の難所として知られた大井川の上流に沿って、南北に広がります。町の面積の約9割を森林が占めており、奥大井は豊かな自然に恵まれています。大井川の本支流の周辺にはキャンプ場がいくつもあり、カヌー遊びや魚釣りといった様々なアクティビティが楽しめるほか、いくつもの吊り橋が架かっており、これを渡るスリリングな体験も人気があります。特に寸又峡に架かっている「夢の吊り橋」は、「チンダル湖」と呼ばれるコバルトブルーが美しい湖の上に架かる全長90メートルの吊り橋で、年間を通して多くの観光客が訪れています。また、町内には寸又峡温泉、接阻峡温泉、白沢温泉があり、豊かな温泉に恵まれている点も観光客に人気が高い理由です。町の中心部に行く手段は、なんといっても大井川鐡道がおすすめです。大井川に沿って走る大井川鐵道では、昔懐かしいSLが走る姿を見ることができます。国内では珍しく動態保存されているSLですから、多くの鉄道ファンがその雄姿を見に訪れます。さらに期間限定で鉄道のアニメキャラクターの姿をそのまま再現した列車が走り、険しい山間部には国内唯一のアプト式鉄道が運行していることでも大井川鐡道の名は全国に知られるようになりました。鐡道の線路は、日本三大銘茶の一つである川根茶の美しい茶畑の間を縫うように通っていますから、車窓からは茶園が続く美しい山里の風景を楽しむことができます。

川根本町がおすすめする人気の特産品・返礼品

川根本町の特産品といえば、やはりまず思い浮かぶのは川根茶でしょう。大井川からの川霧が茶畑を包み、お茶の栽培に適した自然条件の中で、高級茶が育まれています。返礼品の中でもやはりお茶は人気があります。中には品評会で受賞した貴重なお茶のセットもあります。おすすめは、茶葉の仕上げ方や茶葉の種類によって飲み比べができるお茶の詰め合わせです。そのほか、キャンプ場の宿泊券やSL乗車券など川根本町が満喫できる返礼品が数多くラインナップされています。

川根本町のふるさと応援寄附金の使い道

川根本町では、川根本町の強みを活かすプロジェクト、人口減少の克服するプロジェクトという2つの重点戦略を掲げ、事業に取り組んでいます。ふるさと納税の寄附金は、これらのまちづくりの事業のために有効に活用されます。その使い道は、寄附した方が選べます。町の強みを活かすプロジェクトでは例えば、川根茶のブランド化や林業の拠点整備、エコツーリズムの推進、大井川の環境保全などに取り組みます。人口減少の克服するプロジェクトでは、教育や子育てという未来を創造する取り組みに積極的です。

静岡県 川根本町の返礼品ページ

静岡県 川根本町のホームページ
http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp

SNSでもご購読できます。