静岡県 熱海市のふるさと納税のご紹介

静岡県 熱海市のご紹介

静岡県の最東部にあり、神奈川県と接している熱海市は、伊豆半島の東側の付け根に位置しており、相模湾に面しています。市内はそのほとんどが丘陵となっており、別荘や住宅なども高台の上に立つところが多く、道路も勾配が急となっている坂が多いです。海岸線もすぐに丘となるところがほとんどで、中心部は埋め立て地で砂浜海岸などが作られています。同じ相模灘に面している伊東市や湯河原町方面とは、海岸に沿う形で地理的な連続性を有していますが、沼津市や函南町方面とは駿河湾水系の分水嶺となっている急峻な丹那山地で隔てられています。相模灘にある初島も市域内です。人口は37,000人、アクセス方法は東京から東海道新幹線の利用で約35分、名古屋から東海道新幹線の利用で約1時間20分となっています。代表する名産品に、名前の意味から代々栄えることで縁起物とされており、主に正月飾りで使用される「だいだい」があります。そのまま食べることはできず、絞り汁の風味や香りが良いためマーマレードやポン酢の材料となっています。熱海港や網代港で水揚げした新鮮な魚介も豊富で、その中でも「アジ」は刺身でも干しても美味しいと評判です。また日本でも有数の温泉地で、尾崎紅葉の「金色夜叉」の舞台としても有名な「熱海温泉」、禁酒の神様として名を知られている「来宮神社」、その境内にある巨大な楠で、樹齢は約2,000年とも言われており、国の天然記念物にも指定されている「来宮神社の大楠」などの観光名所があります。

熱海市がおすすめする人気の特産品・返礼品

伊豆近海で獲れた金目鯛や家康公も好きだったと言われているアマダイなどを干物にして、名水100選に選ばれている柿田川の水で洗い、丁寧に仕上げた「親子五代釜鶴ひもの店」の各干物が人気の返礼品となっています。おすすめの返礼品は、日本一の収穫量を誇る熱海市の特産品である「ダイダイ」の果皮を練りこんで作られた「つるきようかん・だいだい」と、伊豆を代表するミカンの「夏ミカン」、「ダイダイ」、「ニューサマーオレンジ」を絞り、「甘夏ミカン」の果肉がいっぱいつまったゼリーのセット「伊豆みかん」です。

熱海市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は次の3つの事業に活用するため、寄付の際には事業を1つ選んでいただくことができます。1.寄付をして頂いた熱海を愛する皆さまの想いを、熱海市の発展のために役立てる「市長におまかせ」2.日本ナンバーワンの温泉観光地を実現するべく、沢山の方に熱海市に来て頂き、観光満足度を向上することに活用する「日本でナンバー1の温泉観光地づくり」3.教育や子育て環境の充実並びに高齢者福祉の向上を始めとして、市民の暮らしを豊かにすることに活用する「すまうまち熱海づくり」です。

静岡県 熱海市の返礼品ページ

静岡県 熱海市のホームページ
http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=119