島根県 益田市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/19

島根県 益田市のご紹介

益田市は、島根県にあるもっとも広い市で、浜田市と並んで島根県西部の中心都市となっています。浜田市・大田市とともに石見三田と呼ばれています。日本海に面しており、全国屈指の清流である高津川下流の平野部に市の中心地があり、市の南部は1000m級の山々が連なっており、匹見地区は日本の最西端の豪雪地帯となっています。

古くから文化が栄えた地で、万葉集の代表的な歌人である柿本人麻呂が岩見の歌を詠み、名族益田氏が中世に築いた遺構が多くあり、その益田氏と親交があった雪舟が2つの名園を残してこの地で生涯を終えています。

市の中心を流れる高津川にはさまざまな恵みがあります。特に鮎は人気が高く、特産品となっています。また、夏から秋にかけて獲れるモクズガニや川の栄養分で育った西条柿も有名です。きれいな水質を生かし、ワサビ栽培もおこなわれています。また、市内に7つの漁港があるため、漁師町としても有名です。ぶりやイワシ、真アジなど鮮魚が特産です。あわびやわかめの種苗の生産も行われています。これらの海産物を生かした水産加工品も充実しており、干物加工品などもあります。

観光名所には雪舟庭園のある医光寺と万福寺、また河口付近には東西10㎞にもわたって続く砂浜があり、夕日の絶景スポットとして人気があります。益田市の北西にある、岩石海岸の「唐音の蛇岩」、併設されている「観音水仙公園」も花の時期を中心に人気の観光スポットになっています。

益田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

島根県益田市のふるさと納税返礼品として、益田市の特産品のみでなく、姉妹都市となっている大阪府高槻市との寄付金相互活用のため提携しており、それぞれの魅力あふれる品々がそろっています。中でもおすすめは、特産品である西条柿の水分を40~45%まで乾燥させて作った自然のままのスイーツ「あんぽ柿」です。季節に応じた野菜詰め合わせやきのこ詰め合わせなども人気です。老舗酒造の純米酒や焼酎セットなども益田ブランドとして人気です。

益田市のふるさと応援寄附金の使い道

島根県益田市へのふるさと納税寄附金は、市内の歴史的文化遺産である庭園や伝統芸能などの保全、活用事業、赤瓦の街並み、高津川の美しさ、渓谷の四季などの環境保全・再生事業、子育て支援や青少年の健全育成のための事業、地域地減を生かしたものづくりや産業の振興のための事業、高齢者の支援、地域医療の支援事業、防犯・防災対策などに活用されています。特に指定がない場合は市長が皆様の思いにこたえるべく必要とする事業に活用します。

島根県 益田市の返礼品ページ

島根県 益田市のホームページ
http://www.city.masuda.lg.jp/