島根県 川本町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

島根県 川本町のご紹介

これからご紹介する川本町は、町のど真ん中を「江の川」と呼ばれる中国地方最大級の川が流れています。場所は島根県です。その中央部に川本町はあり、106.43キロ平方メートルの面積に及びます。そのほとんどが山林で、残りが可住地と田畑で占められています。

江の川では釣りや、カヌーを楽しむレジャー客で毎年賑わっています。その支流には時期になるとサケの遡上が見られる濁川があることでも有名です。そんな自然に囲まれ、人口3,385人が住むこの町は数々の観光資源に恵まれています。例えば絶滅が危惧されるイズモコバイモと言われるユリ科の可憐な花の群生地でもあります。

毎年3月にはイズモコバイモ祭りが開催されハイカーたちで賑わいます。また安土桃山時代に創建されたと言われる「仙岩寺」仙岩寺城山の中腹に凛とし存在感を発しています。数にして200段の石段を登りきると、先ほどの江の川などが一望でき、それはそれは見事です。
春は桜、秋は紅葉のメッカとして多くの観光客が訪れます。全国的にその名が知られている「湯谷温泉」もこの川本町にあります。

この町の名産品と言える「エゴマ」は、今健康ブームの追い風もあり大変人気が高まっています。その他にも鮎や、つがに、西条柿といったこの町独特の品が道の駅でも売られています。

アクセス的にも電車であれば、広島から芸備線快速みよしライナー三次行きで三江線浜田行きに乗り換え石見川本で下車、その後徒歩で8分です。車では広島から1時間45分(高速利用時)、松江から2時間15分(大森又は赤名経由)、浜田から1時間10分、出雲空港から1時間40分、広島空港から2時間10分です。

川本町がおすすめする人気の特産品・返礼品

酸化を抑えると評判の高い油「エゴマ」は、川本町の特産品として見逃せない返礼品です。その加工品のセットは10,000円と大変お買い得です。野菜や白身魚のドレッシングにピッタリな塩エゴマダレや、鍋物や茹でたお肉に欠かせない”えごポン”は癖になる人気商品です。エゴマを使用したお茶もセットもあり、まさに健康的な逸品で一押しのおすすめです。
また、出産経験がない年間200頭限定の雌牛を丹精込めて育て上げたのが石見和牛。その稀少な石見和牛も30,000円で返礼品として出品されています。松坂牛にも引けをとらない口当たりで人気も急上昇中です。返礼品の一つ一つに同町のおもてなしの心が息づいています。

川本町のふるさと応援寄附金の使い道

川本町では町の活性化に繋げるべく、また未来への投資として、以下の用途に寄附金が活用されています。
1,頑張る集落や人を応援するために 2、元気な子供が育つ環境の為に 3、健康で安心して暮らせる環境の為に 4、島根中央高校を応援する為に 5、特に指定なし

島根県 川本町の返礼品ページ

島根県 川本町のホームページ
http://www.town.shimane-kawamoto.lg.jp/doc/zeikin/115