島根県 江津市のふるさと納税のご紹介

 

島根県 江津市のご紹介

島根県江津市は、江の川とともに開けて発展したまちです。約1300年前には柿本人麻呂が過ごした場所と言われ、奥さんとの離別を歌った「石見相聞歌」は現代にも伝えられ、愛されている歌です。「石州瓦」が有名で、寒さに強く耐久性に優れているので全国にも流通しています。

名所もたくさんある町で「有福温泉」は、山間にある静かな温泉地で昔ながらのたたずまいを楽しむことができます。ゆったり観光したい人におすすめです。「美肌の湯」と言われていて、神経痛、リューマチ、外傷に効果があります。

伝統芸能に触れたい人におすすめなのが、「石見神楽」です。その年の豊作や豊漁を祈願して神に捧げる歌や踊りのことです。勇壮で華麗な舞を見ることができます。

名産品も多くあり、「あか補もち」は、粘り強さと美味しさが絶品のおもちで、寄せ鍋やすき焼きにぴったりのおもちです。「すまき蒲鉾」は、37本のストローに覆われた蒲鉾で、普通の蒲鉾に比べて形が面白く、観光客にも人気です。「いのしし肉」も有名で、江の川沿いに生息しているいのししをジビエ料理としていただくことができます。コロッケやぼたん鍋、すき焼きなどたくさんの食べ方で楽しむことができるので、お肉が好きな人にはぴったりの名産品です。
「桜江ごぼう」は、風味豊かで柔らかく歯切れがよいのが特徴のごぼうです。
「勝地半紙」は、室町時代から継承されている半紙で緑かかった色をしていて、水に強くて幽玄な見た目が特徴です。

江津市がおすすめする人気の特産品・返礼品

島根県江津市のふるさと納税の返礼品は、豊富な自然の恵みを受けた特産品がおすすめです。「石州鯖寿司」は、旬の鯖を塩で締めたあとに特性の味酢で2度付けした鯖寿司です。お肉好きな人におすすめの人気の品は、「天然猪肉」と「まる姫ポーク」です。猪肉は、最も美味しいと言われる冬の時期に猟師がこだわりの手法で捕獲しています。まる姫ポークは、江津市の特産品のブランド豚です。人気の部位の詰め合わせのセットもあるのでいろんな料理でまる姫ポークを楽しむことができます。

江津市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税の寄附金は、主に5つの事業に振り分けて使われます。1、柿本人麻呂が愛した江津市の景観を保全するための事業 2、大元神楽や石見神楽など伝統芸能が盛んに行われていてその伝統を守るための事業 3、豊かな自然を活かして市民が元気になるような事業 4、子育て世帯がのびのびと暮らせるように母子検診助成、乳幼児医療所税の充実をはかる事業 5、市民の人たちが触れ合ってさまざまな問題を解決できるようにする事業

島根県 江津市の返礼品ページ

島根県 江津市のホームページ
http://www.city.gotsu.lg.jp/life/1/10/52/

SNSでもご購読できます。