島根県 海士町のふるさと納税のご紹介

 

島根県 海士町のご紹介

島根県海士町は日本海に浮かぶ隠岐諸島にある島です。主島は島前三島のひとつである中ノ島で、隠岐の島から高速船で30分ほど、境港市の港からは高速船で2時間ほどの位置にあります。他都市からのアクセスとしては、羽田空港、名古屋空港からは米子空港を経由して船で、福岡空港、千歳空港、伊丹空港、出雲空港からは隠岐空港を経由し隠岐の島から船で菱浦へ行く事ができます。

隠岐が724年に遠流(おんる)の地となった事により、海士町には承久の乱を起こしたとされる後鳥羽上皇や、副遣隋使を務め、平安時代の書籍においては、昼間は朝廷で官吏を務め、夜は地獄で閻魔大王の補佐をしていたと言われる小野篁(おののたかむら)といった、現代では歌人として知られる歴史上の人物が島流しにされたという歴史があります。
島流しにされた後鳥羽上皇の崩御された地であるため、後鳥羽上皇を祀った隠岐神社を始め、後鳥羽上皇御火葬塚、後鳥羽上皇行在跡(旧源福寺)、御腰掛石、斎船の地(三徳神社)など、多数のゆかりの地があります。

他にも、小野篁が島流しにされた際に、「都に還らせ給え」と百日の間、昼も夜も引きこもって神仏に祈願したといわれる金光寺など、歴史に触れられる観光地も数多くあります。

海士町は自然豊かな地で、エメラルドグリーンの海と赤崖のコントラストが美しく映える明屋海岸や大、中、小と3つ並んだ奇石、通称三郎岩、さらに二ホンアワサンゴやアミメサンゴ等の日本の生息域北限である為に海中公園に指定された無人島、松島などがあります。

また体験ダイビングをすることも出来ます。体験ダイビングは初心者の方に、経験を積んだスタッフが一緒になって、器材の使い方など、基本的な知識から学べるコースです。

海士町がおすすめする人気の特産品・返礼品

海士町のふるさと印税の返礼品は、海産物を中心に幅広く選ぶ事ができ、海士町の特産品がたくさん楽しめます。海士町では寒シマメと言われるスルメイカの肝醤油漬けセットはテレビで紹介され、お届けに時間がかかるほど人気です。他にもサザエカレーやいわがきなどの海産物のセットがあります。また海水をたきあげて造られた「海士乃塩」「サランオキ」と、海士で伝統的に伝わる調味料「こしょう味噌」を詰め合わせた海士ならではの島の調味料セットもおすすめです。

海士町のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄附金は、「海士町ふるさとづくり基金」に積立てられます。農業や畜産など地場産業の振興、子育ての環境整備、老後を安心してふるさとで暮らせる環境、人材育成に関する事業、隠岐島前高校の魅力アップに関する事業、都市と地方の共生に関する事業、ふるさとづくりに関する事業、その他町長が必要と認める事業といったテーマの中から寄附者に使い道を選んで頂くようになっています。特に指定がない場合は必要な事業に使われます。

島根県 海士町の返礼品ページ

島根県 海士町のホームページ
http://www.town.ama.shimane.jp

SNSでもご購読できます。