滋賀県 高島市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/18

 

滋賀県 高島市のご紹介

高島市は滋賀県の北西部に位置しており、東部には琵琶湖、比良山地を境とした南西部には大津市と京都府、野坂山地を境とした北西部は福井県に接している都市です。平成17年、琵琶湖の西部にあった5つの町と1つの村が合併して誕生しました。

この地域は比叡山・比良山麓に沿って琵琶湖畔を走る西近江路や、塩漬けの鯖の運搬で鯖街道とも呼ばれた若狭街道など、古来より北陸と京都や奈良などの都とを結ぶ交通の要所となっていて、港町や宿場町として発展してきました。また、日本海側に近く、秋季には「高島しぐれ」といわれる降雨があり、冬季の降雪量も多く寒さが厳しい気候となっています。

高島市には四季折々の美しさを感じることができる観光名所が多くあり、春は「日本のさくら名所100選」に選ばれている「海津大崎の桜」、夏には琵琶湖で湖水浴やキャンプを楽しむことができ、秋はメタセコイア並木や生杉ブナ原生林などで紅葉を堪能し、冬にはスキーやスノボなどのウインタースポーツを楽しめるなど、自然との触れ合いを堪能することができます。

高島市の特産品には、鮒ずしやアユの佃煮など淡水魚の加工品や鯖のなれずしがあります。農産物ではシイタケや富有柿、風車メロンなどがあり、「とちもち」や「丁稚ようかん」などの甘味を楽しめる物もこの地域の特産品になっています。食べ物の他にも、高島硯や雲平筆、高島扇骨や和ろうそくなどの工芸品が特産品として人気を集めています。

高島市がおすすめする人気の特産品・返礼品

高島市でおすすめの返礼品といえば、やはり近江牛です。神戸牛や松阪牛と並び、日本三大和牛としても人気の近江牛は、すき焼きにしても焼肉にしても、ステーキにしても美味しくいただくことができます。近江牛の他にも、高島市の特産品にもなっている琵琶湖で獲れた淡水魚の甘露煮や佃煮、鮒ずしなどもおすすめです。また水にも恵まれた高島市の自然を活かして作られた白米も人気があり、品種ごとに食べ比べてみるのもいいでしょう。

高島市のふるさと応援寄附金の使い道

琵琶湖に流れる水のうち、3分の1は高島市が水源となっています。その水を綺麗に保つためには、美しい水を生み出す森林の整備を欠かすことはできません。そのため、森林の環境を守り、整えるためにふるさと応援寄附金が活用されています。また、子育て世代の経済的な負担を軽減するためにもふるさと応援寄附金が活用されており、第2子以降の保育料の完全無料化が実施されています。これにより、人口の減少防止に役立つだけでなく、自然の中で子育てができるなどメリットを生み出しています。

滋賀県 高島市の返礼品ページ

滋賀県 高島市のホームページ
http://www.city.takashima.lg.jp/www/contents/1199406696875/index.html