滋賀県 多賀町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

滋賀県 多賀町のご紹介

多賀町は滋賀県の東端に位置し、三重県と岐阜県と隣り合っています。町の標高は東が高く、西は低いです。町の東部に鈴鹿山脈の西麓があり、主な山として、霊仙山や三国岳があります。鈴鹿山脈一帯は過疎化が進み、廃村になった村が多いです。

町の西部は湖東平野で、町の中心地です。町の北寄りを流れる芹川は琵琶湖へ流入します。町の南を流れる犬上川は、北谷川と南谷川が大字川相で合流してから、犬上川となって西に流れます。

人口は約7千人程です。昔からイザナギ、イザナミの日本創生の神を祀る多賀大社を中核として発展してきました。古事記によりますと、二柱の大神が初めて夫婦の道をはじめ、日本の国土や天照大神をはじめとした八百万の神々をお産みになられたとされています。生命の親神様であることから、絶大な信仰を集め、民衆にまで信仰が広まり、多賀大社の分祀社は全国で239社を数えるほどです。年間約170万人の参拝者を迎えています。

町の南部には犬上川ダムがあり、ダム愛好家がよく訪れます。多目的重力式コンクリートダムとして、犬上川沿岸土地改良区が管理をしています。その昔、近江盆地は穀倉地帯なのですが、安定した灌漑用水の確保が問題となっていました。そこで終戦直後の1946年にダムは竣工されました。犬上川ダムは灌漑目的とするコンクリートダムとしては、日本で最古の部類に入ります。

また1954年に関西電力犬上発電所が増設され、最大1,100キロワットの発電を行っています。昔の工法で作成された部分を見ることができ、昭和初期の魅力が感じられる人気の高い場所です。

多賀町がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品は大きく分けて野菜とお酒とお米の3種類です。特産品の野菜は、旬のものを農家の方に選んでもらえます。お米のキヌヒカリはコシヒカリ程の粘りは無いですが、やわらかな粘りでサラっとした口当たりです。その為、炊き上がりの色味とパラっとした口当たりが、お寿司屋さんにも人気のある銘柄です。シッカリとしたお米が好きな方にはおすすめです。多賀の地酒セットは、きれいな水とおいしいお米でつくられています。一度飲むと病みつきになってしまうかも。

多賀町のふるさと応援寄附金の使い道

寄附金の使い道は5つあります。森林や河川等の自然を保全し、未来の子供達へ残す「環境保全に関する事業」。子育ての補助や福祉施設の整備に力を入れる「子育て支援および福祉に関する事業 」。教育やスポーツの興進、文化財の保護や発信を行う「教育またはスポーツ、文化の振興に関する事業」。観光資源の発掘や産業化につなげる「産業または観光の振興に関する事業」。地域の活性化を画策する「地域の振興に関する事業」があります。

滋賀県 多賀町の返礼品ページ

滋賀県 多賀町のホームページ
http://www.town.taga.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=849