滋賀県 守山市のふるさと納税のご紹介

 

滋賀県 守山市のご紹介

守山市は、滋賀県の南西部に位置し、東部に野洲市、南部は草津市と栗東市に隣接した人口約8万人のまちです。琵琶湖の南側に位置し、野洲川の流れに沿った緩やかな斜面を形成していますが、ほぼ平坦な土地になっており、鈴鹿山系の湧水と野洲川からの豊かな水に恵まれています。車では、名神高速道路栗東ICから、電車の場合はJR京都駅から新快速で約24分、JR米原駅から新快速で30分でアクセス出来ます。

平安時代、比叡山の守護のために創建されたと言われる東門院があり、江戸時代には朝鮮通信使の宿舎として使われたといわれています。護摩堂には、国の重要文化財の不動明王坐像が安置されており、貴重な歴史遺産を残す観光スポットになっています。
さらに、野洲川の改修工事の際、土器片が発見されたことをきっかけに発掘調査が進み、弥生時代前期から鎌倉時代までの水田や墓跡が発見され、泥の層に埋もれた「やまと琴」や竪櫛など貴重な遺物がそのまま見つかった服部遺跡は、古代の浪漫を楽しめる人気観光名所です。

平成24年1月にオープンした中山道守山宿・うの家(守山市歴史文化まちづくり館)・町屋は、江戸時代から明治時代にかけて建ったとされる造り酒屋の趣を残し、旧街道の町並みも感じながら、多くの人々の憩いの場となり、親しまれています。

野洲川の下流近くには、約26ヘクタールの広大な土地にブドウやナシ等が栽培されるもりやまフルーツランドがあり、毎年8月中旬から10月下旬の収穫時期には直売店が開設され、新鮮なフルーツが名産品として人気があります。

守山市がおすすめする人気の特産品・返礼品

市の特産品として、琵琶湖の豊かな水と大地の恵みで育った、日本三大和牛でもある「近江牛すきやき・しゃぶしゃぶ用もも肉スライス」が人気です。他にも強い甘みと果汁がたっぷりな「モリヤマイチゴ」、比叡山延暦寺御用達の「生ゆば詰め合わせ」、農薬を通常使用の半分以下に抑え、環境にこだわって作った特別栽培米「生米」、琵琶湖のほとりで丁寧に生産され、糖度の高さが自慢のみずみずしい「もりやま梨」等もおすすめの返礼品です。

守山市のふるさと応援寄附金の使い道

守山市への寄附金は、以下の7つの用途から寄附者が選択し、市の発展のため活用されます。1モリヤマメロンの新規就農者支援事業、地域農家支援事業、2ほたるの森資料館の充実と整備事業、3安全と安心して遊べる公園遊具の改修事業、4市内保育園園舎の整備事業、5大庄屋諏訪家の屋敷改修整備事業、6図書館の図書整備事業、7その他目的を達成するため市長が必要と認めた事業

滋賀県 守山市の返礼品ページ

滋賀県 守山市のホームページ
http://www.city.moriyama.lg.jp/miraiseisaku/furusatonouzei_2.html

SNSでもご購読できます。