滋賀県 米原市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/18

滋賀県 米原市のご紹介

米原市は、滋賀県の北東部にある旧坂田郡の市です。人口は約35,000人で、隣接する自治体には長浜市、彦根市と、岐阜県の大垣市、不破郡関ヶ原町などがあり、主要な市へのアクセスがしやすい市となっています。

米原市は、古くより交通の都市として知られており、中山道と北陸道の分岐の場所として発達をした市です。また、中山道は番場の忠太郎でとても有名な番場宿と柏原宿など、3箇所の宿場町がありました。そして現在では、名神高速道路と北陸自動車道が分岐しているなど交通の便がとてもよくなっています。
他にも滋賀県内では唯一、東海道新幹線の駅が設置されています。関西圏や中京圏へのアクセスも大変しやすく、新幹線で行くと京都駅までは米原駅から19分、そして新大阪駅までは35分、名古屋駅までは27分で到着することができます。

自然が沢山あり、日本百名山でもある高山植物が豊富にある伊吹山や、ゲンジボタルの生地としても有名な天野川や三島池などがあります。三島池から見る伊吹山はとても美しく、池は山の姿が映し出されるほど綺麗な水質となっています。

名産品には近江牛があります。霜降りのお肉でしゃぶしゃぶやすき焼き、ステーキを食べさせてくれる旅館や飲食店が数多くあり、観光客の舌を喜ばせています。また、街並みを散策しながらの食べ歩きなどもあります。物産交流館さざなみという道の駅では、地域の農産物や特産品がたくさん取り揃えられています。こちらに来れば米原の名物をたくさん買ったり食べたりすることができます。

米原市がおすすめする人気の特産品・返礼品

米原市の返礼品は、特産品の蛍の里の条抜き米が人気となっています。30,000円の寄附金額で20キロの量が返礼品としてもらえます。また、近江の名工である石久仏壇店で作られた漆塗り箸のすりはがしもおすすめとなっています。他には、石田光成スーツという面白いものもあります。惜命報義というオーダースーツの仕立券は若者におすすめです。オーダースーツでは無いものもあります。そしてやはり滋賀と言えば近江牛です。近江牛の霜降り肉が、ステーキ用やしゃぶしゃぶ用、すき焼き用など種類があります。

米原市のふるさと応援寄附金の使い道

米原市のふるさと応援寄附金は、6種類の事業から好きなものに寄附出来る仕組みとなっています。1.石田光成のゆかりの地である米原市を応援しよう2.鉄道の薫りが漂うまちづくり3.シンボルキャラクターである源氏パパルと姫ママル、そしてホタルンにエールを送る事業4.思い出があふれる学校づくりを応援する5.歴史と文化を守り伝えていく事業を応援する6.伊吹に息吹を、そしてホタルにも輝きを、長岡の美しいゲンジボタルをたくさんの方に観賞してもらえるようにする事業

滋賀県 米原市の返礼品ページ

滋賀県 米原市のホームページ
http://www.city.maibara.lg.jp/0000002243.html